2009年11月28日

中川財務大臣は殺された?!

今から書く記事は、日本の愛国者が日本の愛国者の仇を討つ
という、同じく日本の愛国者である私にとっては
涙なくしては語れないような内容ですもうやだ〜(悲しい顔)
正直、ウツから病み上がったばかりの今、
この記事を書くのは怖いのですが、
やはりこれを黙っていることは良心の呵責に耐えられないので
・・・・書きます!(怖〜っ(>_<)あせあせ(飛び散る汗)


ドル亡き後の世界』 副島隆彦(そえじまたかひこ)著 祥伝社
  H21年11月5日初版第1刷発行
  H21年11月20日第2刷発行

より引用します。
ちょっと長いけど最後まで読んでくれるとうれしいです。


○中川昭一氏の死は日本国民の"見殺し"である(P.201〜)

この10月4日に、中川昭一氏(財務・金融大臣だった)が不慮の死を遂げた(享年56歳)。
中川氏はその8ヶ月前の今年の2月17日に大臣を辞任させられている。これは「ローマG7」(2009年2月14日)での例の"酩酊(もうろう)会見"の責任を取らされてのことだ、と今も世間(日本社会)ではなっている。
しかし真実は違う。彼はアメリカの手によって無理やり失脚させられたのである。

私はこの経緯をすでに前著などで詳しく書いてきた。
にもかかわらず、私の言論は完全に無視され封殺されている。
私に向かって「お前の考えは間違っている」と言う人さえいない。
中川昭一は実質的に殺されたのだ。
彼を葬り去ったのはアメリカの財務省やロックフェラー財閥の手先たちである。しかし間接的には、我々日本国民が中川昭一を見殺しにしたのだ。

中川氏は昨年9月に財務・金融大臣就任してから、アメリカに対して正論を吐き続けた。
「日本はもうこれ以上、米国債を買い増ししたくない。アメリカは身勝手だ。アメリカはニューヨークで起きた金融危機の責任を自覚すべきだ」と言った。
この1年間に数回、緊急で開かれたG7(7カ国財務省・中央銀行総裁会議)の席でも、日本を代表して堂々とアメリカを批判した。中川昭一は立派な愛国者であった。

この中川大臣の態度に徐々に怒り出したアメリカは、中川氏の弱点と言うべき"アルコール依存症"で彼を日本財務大臣の席から引きずりおろすことを謀った。

現世界銀行総裁のロバート・ぜーリックが「もう我慢ならない。中川昭一を失脚させろ」と、自分の手下の日本財務官僚たちに命令を下した。中川大臣は左ページの写真にあるとおり、"酩酊会見"の前日(2月13日)に、
「日本政府は1000億ドル(9兆円)をIMFに拠出する」として、IMFのドミニク・ストロスカーン専務理事と調印式を行っている。

これにアメリカは怒ったのである。すでに自分たちアメリカの金だと思っている、日本の外貨準備高1兆ドル(100兆円)のうちの1割(1000億ドル=9兆円)を、チェコやハンガリーを緊急で助ける資金として日本が分け与えてしまったからである。
IMFのストロスカーンは「今どき、こんな寛大な国は日本しかいない」と泣くようにして喜んだ。
世銀総裁であるロバート・ぜーリックも、表面上は日本のこの決断に「歓迎の意」を表した。しかし腹の底は怒りで煮えくり返っていた。"ボブ"・ゼーリックは、"皇帝"ディヴィッド・ロックフェラーの直臣の一人
である。 2月14日のローマG7会議の後、午後の記者会見が始まる前の昼食で、中川昭一氏のワイングラスに薬物(おそらくハルシオンという睡眠薬)が入れられた。
ここに、日本財務省国際局長の玉木林太郎(56歳)という官僚と、この玉木林太郎と「特別に親しい関係にある」越前谷知子記者(現職の読売新聞経済部記者・35歳)が同席していた。他に2人、日本テレビとブルームバーグの女性記者がいた。

そして、「この時、中川大臣にクスリを盛ったのは玉木と越前谷だ」というニュース記事がインターネットなどでさかんに流れた。越前谷記者はこの情報がネット上に出ると姿を隠して、顔写真とともに読売新聞の紙面から一旦、消えた。これだけの公的職業にありながら、その後、今に至るまで彼女からの弁明は一切ない。そして読売新聞社からの反論も一切ない。お前たちは犯罪者だ。犯罪者の集団だ。なぜこの者たちを、警察は検察庁は逮捕しないのか。警察や検察官までを含めてすべてグルであり、腐り果てた人間のくずたちだからか。

玉木林太郎は、あのローマでの事件のあと今年の7月14日に財務官(財務省の事務方の副大臣)に就任(出世)した。
玉木財務官は中川昭一とは東京麻布高校でも東大法学部でも同窓生である。自分が上司として仕えなければならない大臣を刺して失脚させておいての出世である。それからもう一人、あの"酩酊会見"の席で中川大臣の右隣に座っていた篠原尚之(この会見の時に財務官)は、この11月からIMFの副専務理事になることが決まった。

篠原尚之は中川大臣がろれつの回らない口で記者会見を続けている最中も、助け舟さえ出そうとせずに、ただじっと黙って知らん顔をしていた。"上司の失態"を間近で見ながらただ傍観していた。そしてその上司が無念の死を遂げた今、自分だけがぬけぬけと、IMF副専務理事という新たな職にありついた。

私がこうしてここまで書いても、まだ新聞記者たちを含めて関係者全員で「知らぬ顔の半兵衛」を決め込むつもりだ。いいだろう。無念で非業の死を遂げた中川昭一の霊が、怨霊となってお前たちの前に現れるだろう。そのことを覚悟しろ。越前谷知子記者は恥知らずにもこの9月から、ふたたび一線記者として"復活"して、署名記事を書くようになった。 
以上の経緯を私は前著『日米「振り込め詐欺」大恐慌』と、植草一秀氏との共著である『売国者たちの末路』(2009年6月、祥伝社刊)に相当詳しく書いた。まだ読んでいない人は読んでください。ここまで書いてきた私のほうが嘘つきか。ここまで来ると中川昭一を見殺しにした日本国民すべてにも責任があると思う。真実を皆で明らかにしようとする気運さえ見られない。実に情けない国である。
                       (引用終わり)


ここまで読んでくれた皆さま、ありがとうございます<(_ _)>
大まかな流れといきさつは周知のことと思われますが、
私が驚いたのはクスリを盛った人物の実名や事実をあからさまに晒しているところであります!
これがなかなか凡人には真似できないところであり、
これをすることによって、グッと真実味やインパクトが増します。
実名を出されたほうはたまったもんじゃないでしょうね。
この後が怖いから皆、ここまでできないんですよね。


ここまで書いた著者のかたは、おそらく無傷ではすまされないと思います・・・
そして私も。何らかのペナルティを受けることになるでしょう。
でも何もしなくてもやられるんだし、
こーいう事実、このような人がこの国にいるということを
一人でも多くの人に知ってもらいたい!
正しいことをするのは気持ちのいいものです。
見て見ぬ振りをするのは気分の悪いものです。
もうどーせめちゃくちゃになってる人生だから、
正しい人たちを応援したいのです。


ちなみに、私は本来、経済には疎い人間で、
この本はゴミ箱から拾ったものです(ホンマ!)
おそらく加害側の誘導によるものと思われます。
加害者が何を目論んでいるのかは私にはわかりませんが
何か起こるんでしょうね、私にこの記事をUPさせることで。
考えるとゾッとします。
でもこの本に出逢えてよかったと思ってます。
まだ全部読んでないけどあせあせ(飛び散る汗)

今月出たばっかの新刊なうえに早くも2週間で増刷されるほどの
注目されている本(¥1680)をただでくれてありがとう?
・・でもな〜んかいや〜な予感が!!
顔写真見ると、言っちゃ悪いけどなんか日本人ぽくないんだよね。
そう!あそこ(朝○)の顔っぽい気がするのは私だけ?
それとまだ全部読んでないんだけど、
なんかこの人も操作されてる人っぽい。
プロフィールに「リーマン・ブラザーズの破綻を言い当て、
日本中を驚愕させた」だってがく〜(落胆した顔)


リーマン・ブラザーズの破綻も、
中川大臣の暗殺も、
この著者の出現も・・・・
ぜ〜んぶ計算ずくで起こされてることにも思える。
だとしたら、ホントの目的は?
仕事始めてから勉強する暇がなくなり、
全然見えてこないあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
すいません、誰か教えてください。


なんかあるんだろーな、ホントのたくらみが・・・


p.s.
すいませ〜んっあせあせ(飛び散る汗)
後からウィキペディアで著者のこと、ザッと調べてみたら
どーやら生粋の日本人のようですね?!あせあせ(飛び散る汗)
 
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%89%AF%E5%B3%B6%E9%9A%86%E5%BD%A6


毎度毎度ごめんなさいですあせあせ(飛び散る汗)
また信憑性落としちゃったな。
まぁ、いっか!
副島さん、読んでないだろうけど、
失礼なこと書いちゃってすいませんです<(_ _)>


posted by hope_solution at 19:45| Comment(2) | 有名人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月26日

石井一民主党衆議院議員に注目!

昨日、TVのニュースでチラ見した
民主党の石井一衆議院議員の顔が、
異常にやつれているように見えたのが気になっていますあせあせ(飛び散る汗)

彼は去年、創価学会を国会で批判してくれた日本人の味方です。
たぶん彼は創価の電磁波攻撃を受けているものと思われます。
日本人の皆さん、石井一議員を見守ってあげて下さい!
皆が注目しないと永田寿康議員のように殺されると思います。


http://blogs.dion.ne.jp/hope_solution/archives/6677116.html
posted by hope_solution at 18:29| Comment(0) | 有名人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月05日

新・法務大臣、千葉景子に注目!

鳩山新政権下での新法務大臣、千葉景子という人物は
どうやら日本人の敵のようですね。


 ・国籍法改正を推進、二重国籍を容認!
 ・日本国旗・国家に関する法律制定に反対!
 

千葉景子法務大臣は着任早々、
「人権侵害救済機関」なるものに取り組むそうです。
これは、日本国を乗っ取るための悪魔の法案、
「人権擁護法案」、「外国人地方参政権付与法案」に
直結しているようです。

http://sokuho.sblo.jp/article/32281397.html


断固、阻止しなくてはいけないと
日本人として、組織犯罪被害者の1人として、
私も強く思います!


ホントに「人権侵害から救済」する気があるなら、
即刻、遠隔から電磁波を飛ばし、
脳の電気信号を操作して人に苦痛を与えている人権侵害を
法律で規制して下さい!
長期に渡って毎日精神や体に苦痛を強いられ、
生活に相当な支障が出ています!
このような技術があることは
日本の法務大臣になられるくらいのかたなら
知っているはずです。
この私でさえ知ってるんだから。調べればすぐにわかることです。
とぼけることはできません!
せめてそーいう技術があるということだけでも認めて下さい!
これは完全に基本的人権に抵触する、非人道的な犯罪です!
お願いします!<(_ _)>



posted by hope_solution at 16:00| Comment(0) | 有名人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月08日

小室哲哉事件、追加情報

今朝『あさパラ!』を見てたら興味深い情報を提供してくれた。

やはり「小室哲哉の詐欺事件」には
「裏の闇組織」が絡んでいる可能性が高いそうです。

まず1芸能人の詐欺事件を
全国紙全てが1面で取り上げたということが不自然だそうです。
今回の直接の被害者は大阪の投資家1人が
小室が手放した著作権で5億円騙し取られたというだけですよね。
なのに「大阪府警」ではなく「大阪地検」が動いたというのも
すごく不自然なことなんだそうです。
内容的には「地検」が動くほどの事件ではないそうです。
だから我らが勝谷くんが指摘するには
「闇の巨大組織が絡んでいることを見据えてそうなったのだろう」
ということでした。

ちなみにマスコミもそれを察して
これほどの大物芸能人なのに
この事件への突っ込みを躊躇しているそうです。

・・・芸能マスコミが深く突っ込めない事件・・・
さて、「闇の組織」とは一体何なんでしょう?

あのはっきり物言う勝谷くんでさえも
もう触れたくないそうです。
それほど恐れられてるんですね、あの組織は。

以上。

posted by hope_solution at 12:20| Comment(0) | 有名人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月04日

小室哲也逮捕

今朝、元『TMネットワーク』の小室哲也が
詐欺容疑で逮捕されたそうですね。

このニュースを聞いて
皆さんはまず何を思いましたか?

元メンバーの木根尚人は確か創価信者じゃなかったっけ?
この情報が正しければ
またもや創価絡みの被害者の可能性があります。


P.S.
すみません、今調べてみたら名前の漢字が間違ってました。

 小室哲→小室哲  木根尚→木根尚

それと、どうやら元『TMネットワーク』の木根尚登どころか
宇都宮隆までもが信者のようですね。
ファンじゃなかったもんで、勉強不足ですみませんでした。

となると、・・・考えてることは同じでしょうね。
posted by hope_solution at 21:33| Comment(2) | 有名人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月10日

西村眞吾衆議院議員長男の自殺で思ったこと

雷今日のは随分長い文章になってしまうけど、
これはとても恐ろしい現実なので、面倒臭がらずにどうか興味を
持って下さい!
つたない文章でわかりにくいと思いますがご勘弁下さい。
この内容を書いてる間も相当な騒音妨害を出されているし、
最後に書いたように私も人事ではないと思います。
(今までよりもっとひどい攻撃を受けるでしょう)
(娘ももうすぐ受験です)
(今日長女宛に教師から年賀状が来てたが娘の名前の漢字を
 わざと間違えていた。ご丁寧に家族の写真つきだったが
 もう、まさに創価信者の顔してる!)→
(創価信者の教師から嫌われている)→(受験に響くかも?)
でも、自分の人生や命を危険にさらすことになるとわかっていても
黙っているわけにはいかないんです。
私をバカだと思っている人もいると思います。
創価の悪口を書くことで、私の被害を心配してくれる人も
いました。でも、その危険を承知の上で、
私は書かなければいけないと思っています。
カッコつけではありません。自分のためでもあるんです。
下に書く永田議員や西村議員の件は、大きな政治問題が絡んでいる
し、私は2人に何の恩も義理もないので、触れずにおくことも
できたのですが、この殺人(自殺)事件で爆発しました。
(黙っているのが堪えられなくなりました)
私のブログをきっかけに、今まで知らない内容があった人は
どうか、他の情報源でも調べてみてください!
詳しく書くと長くなるのでだいぶ割愛してるので、
わかりにくいところがあると思います。
長いですけど、興味を持ってくれることを祈っています。
(以下の内容はほとんどが公にはなっていないので、
 探すのは難しいかもしれません。私と同じ見解になることを
 祈るばかりです)

※私が得た情報源をここに書くと、そこが創価から攻撃される
 可能性があるので書きません。勇気あるその人達に
 感謝しています。そこでは実名も相当出しています。
 (彼らはかなりの嫌がらせを受けています。
  敵〈創価〉はそーいう奴らなんです、ご理解下さい)


モバQ大阪府堺市選出の西村眞吾衆議院議員の長男が
今日(昨日1/9)、飛び降り自殺をしました。
昨年末からうつ状態で、慶応病院精神科に通院していたそうです。
このニュースを聞いた時、真っ先に思ったことは、
「創価学会に仏罰を当てられたな」・・・です。
そう思うと、思わず目頭が熱くなりました。

西村議員は、東シナ海の尖閣諸島の領有権で強く日本固有のものと
主張していたり、北朝鮮の拉致問題でも積極的に被害者の方達を
支援したり、かなり右思想の強い議員さんですよね。
当然、大の創価嫌いで、創価学会からも「仏敵」扱い
されていました。『聖教新聞』にも何回か名指しで
悪口を書かれていました。
何でも、西村議員が「創価学会」の悪口(デマ)を言ってたそうです。

  ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇

西村議員がどんなことを言ってたのか
あいにく私は知らないのですが、
彼と同じパターンで仏罰を当てられたのが
元民主党、永田寿康衆議院議員です。
『聖教新聞』の「週間座談会」によると、
永田議員は選挙の前に、創価信者が公明党が弱い地域に
住民票を移動させて得票数を増やしているというデマ(?)を
流したそうです。
その後の創価学会の怒りようと言ったら、
すさまじいものがありました。
毎日毎日『聖教新聞』のあちこちで、名指しで「永田叩き」でした。
以下は『聖教新聞』の1面にある名物「寸鉄」に書かれた
永田議員の悪口のほんの一部です。

 ・「公明よ、横柄・傲慢な議員は叩きだせ!
  日本を変える議員革命の先頭に立て」('06.3.24)

 ・「デマで学会誹謗の民主某デマで墓穴彫りボロボロ
  還著於本人(げんちゃくおほんにん)で無残に破滅」
  ('06.3.24)
 
 ・「偽メールに踊った民主のガセネタ議員破滅。
  デマ権力屋は削除・ごみ箱へ」('06.3.28)

 ・「デマ議員をかばう民主党ナガッタらしい茶番劇よ  
   さっさと辞めさせろ。国民。」('06.3.31)

 ・「永田某辞職。民主首脳も総退陣。宗教弾圧の因果。
  あがいて、もがいて沈没」('06.4.3)

 ・「恩師『学会を悪口(あっこう)する者は、現罰なくして何としよう』
  弾圧議員らに噴出」('06.4.4)

 ・「学会を讒謗(ざんぼう)したデマ議員デマ雑誌は衰亡。
  『もしや仏罰・・・』うなだれる魔物」('06.4.7)


以上は、永田議員を辞職に追い込むまで『聖教新聞』に書かれた
永田議員の悪口です。
先にも書きましたが、これはほんの一部です。
他にも、鳩山幹事長と永田議員がほぼ直角に頭を下げている写真とかも
載せていました。『聖教新聞』にですよ!

ちなみに上記の悪口は、永田議員がガセメール
(ライブドアの堀江が衆院選出馬に際して自民の武部幹事長に
3000万円振り込むように指示したという内容)を
公表して、それが偽のメールだったことが判明した後のものです。

噂によると、そのガセメールを永田議員に渡した雑誌編集長の
弁護人を引き受けたのが創価信者だとか。
あと、その編集長が『毎日新聞』の下請けの印刷会社から
新しい雑誌を出版する予定だったらしく、
あるジャーナリストが問い合わせをしたところ、
その事実を認めたが、契約をしたのはガセメールが
騒がれる前だったとかで、事件が発覚してからは断ったと
言ってたそうです。
それにしても『毎日新聞』の印刷会社といえば、
『聖教新聞』の印刷でもってる会社ですよ。
このガセメールを永田議員に握らせた編集長とやらは
やたら「創価学会」のお世話になってませんか?!

私が言いたいこと、わかってくれますよね?

要は、創価の悪口を言った永田議員をつぶすために
創価が「偽メール事件」を作り上げたということです。
このぐらい恐ろしい団体なんです、「宗教法人創価学会」というのは!
(信じる、信じないは あなた次第です)

   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇

で、西村議員の話に戻るのですが、彼も創価の悪口を言った後
弁護士の名義貸しか何かで執行猶予付きの有罪判決を
下されていますが、私はこれも創価の罠にひっかかったと
思っています。
(永田議員のされたこと考えたらあり得るでしょ。)
(西村議員の悪口はスクラップしてませんでした、残念ふらふら

で、一応西村議員にも仏罰を当てる策略が成功したにも関わらず、
彼は議員を辞職せず、おまけに執行猶予中の昨年末、
創価の大嫌いな某TV番組で毒舌の健在を披露したもんだから
創価のゲキリンに触れ、創価の最新兵器「脳波操作技術」で
息子をうつ病に追いやり自殺させたと。

ホントに恐ろしい宗教団体ですドコモ提供

西村議員は、昨日、元国民新党の議員さんの葬儀に
行く途中に訃報を知らされたとか。
(このタイミングも創価の計算のうちか?)
葬式続きで西村議員の心労が心配です。
創価の仏罰攻撃はしつこいのが特徴なので、
西村議員の命と精神状態が心配です。
正しいことをしている人達が守られることを祈るばかりです。


   ×   ×   ×   ×   ×   ×

今日(昨日1/9)の「寸鉄」
 
 「度し難い奴らだ!」作家(ワイルド)
  忘恩の馬鹿者、生き地獄から無間(むげん)地獄へ直行便。


これ、私のことだと思いました。

度(ど)というのは、1/3のブログに書いた「般若心経」に
出てくるのですが、
彼岸(悟りの境地)に渡(わた)す=彼岸に度(わた)す→救う
  
「度=救う」という意味があるそうです。

「度し難い奴ら」というのは「救い難い奴ら」という意味でしょう。
「生き地獄」という言葉は昨日私がブログの最後に書いた言葉です。
「無間地獄」とは災難が際限もなく続くという意味です。

創価の悪口ばかり言ってる私にも仏罰を与え続けろと
いうことでしょう。
今、下のほうで「そうだ!」と言わんばかりのグッドタイミングの
大きな物音がしました。
このブログを打ち込んでる最中も、ずっとタイミングよく
「ドン!」「ゴン!」という大きな物音がしています。
創価信者が私の思考を読み取ってる証拠ですね。
(階下に信者が少なくとも3人はいるのはハッキリしています)

私は40過ぎてるので殺されたら殺されたで
もう嫌な思いをせずにすむのでかまわないのですが
子供が狙われるのは許せません!
私はクソ創価が私の子に手を出したら許しません!

悪魔の人殺し創価学会、早く恐ろしい本性を出して破滅しろ!



ここまで書くのに、3時間以上かかっています。
今から冷めきったお風呂にも入らないといけません。
(ウチは風呂代節約のため、1日おきにしかわかしません)
まだ下のほうで創価信者が暴れているようだ。
「ただじゃおかないぞ」ということだそうだ。
音のタイミングが私の思考と合っている。
また、「ただじゃおかないぞ」と打ち込んだところで
「ドン!」と大きな音がした。

どうやらこの団地には私を殺したいと思っている住民がいるようだ。
今度の団地清掃が楽しみだ。


p.s.
今、買い物から帰ってきたところだが、
自転車の右ペダルの調子が悪かった。
右ペダルを踏むたびに、「カンッ」「カタンッ」という
変な音がするのだ。
すぐに、「創価にまたいたずらされたかな」と思った。
原因は よくわからない。
今度、ダンナが暇な時に見てもらうが
たぶん、創価のイタズラだと思う。
おとといまでは何ともなかったのだから。
この程度の嫌がらせですめばいいが、そうはいかないだろうな。


 


posted by hope_solution at 00:02| Comment(7) | 有名人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月13日

安倍総理の「片ちんば二重」

今朝は6:25AMに起こされた。
目が覚めた直後に、隣りのトイレの便座が落ちたか、
洗濯機のフタを強く閉めた音がしたので
やはり毎朝の「覚醒」は何らかの形で
隣人」が絡んでいると思う。
(私が目を覚ましたことに反応していると思われる)


話変わって、昨日とうとうやめましたね、安倍総理。
「参院選の惨敗」を口実にやめた方が賢明だったでしょうね。

私はそんなことより「内閣再編」発表の頃から気になってたことが
あったのです。
それは安倍総理の「左目」です。
参院選の後ぐらいから私は気づいたんですが
(正確にはいつからかわかりません)
総理の左目だけが「二重まぶた」になってたの、
気づいてました?

実は私もなんです。
私の認識では「創価学会批判」を激しく始めた頃から
私の「右目」だけがはっきり「二重まぶた」になってて
目の大きさが左右で違ってたのですごく気になってたんです。
そしたら「内閣再編」の人事発表のニュースの時
映ってた安倍総理も「かたちんば二重」
になってたのでびっくりして、これはひょっとしたら私も総理も
電磁波」で人為的に二重」にされたかな?と
頭をよぎったのです。
たぶんやった奴らは私や安倍総理を「だるま」に見立てて
私の「学会つぶし」、総理の「新内閣の成功」を祈願(?)して
遊び感覚で発足時に片方だけ二重にして成就したら
もう片方も二重にするというふざけたいたずらを
したんじゃないかと。


こんなこと考えてたのは、私だけ?



posted by hope_solution at 11:09| Comment(3) | 有名人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月19日

元共産党委員長死去で思ったこと

昨日、元共産党委員長、宮本顕治さんが亡くなったそうです。98歳、老衰だそうです。

このニュースを聞いて真っ先に思ったことは
「創価の連中、喜んでるんだろうな。」

何せ、昭和45年(1970年)に委員長の自宅に
盗聴器を仕掛けて それがバレて 
その当時の学会幹部が4人逮捕されているんだから。(有罪判決)
(創価から「仏敵」に指定されている脱会した元信者(実行犯)が詳細を暴露している)
私が読んだ本には書いてなかったけど、
私はこれは 約半年前の「言論出版妨害事件」(1969年)の仕返しだと思っている。

言論出版妨害事件」というのは、学会の批判本を書いた人(藤原弘達)に、当時自民党幹事長だった田中角栄が、
公明党から頼まれて 批判本の2冊目を出さないように
電話で圧力をかけたことを共産党がバラして
憲法で保障されている「言論・出版の自由」(憲法第21条)に抵触していないか確認するために、
当時創価学会会長だった池田大作を国会へ
証人喚問しようというもの。
何故だか実現はしなかったみたいだが、
池田は責任を取って会長を辞任、
名誉会長になったそうだ。
(自民党の大物から出さないように言われたら、
誰だってビビりますよね〜。
これは明らかに国権乱用だと思いますが。)

批判本の作者が1999年に亡くなった時、信者達から
「おめでとう」の電話コールが殺到したそうだ。
たとえ憎き仏敵でも 死んだ人(&遺族)に対して
「世界を平和にできる仏教徒」のすることかねぇ。
相手はもう死んだんですよ。それで十分じゃないの?
ホントに心の貧しい人たちだなぁ、と思いました。
私は そんな人たちの仲間にはなりたくありませんexclamation

ところで も1つこの事件で思っていることがあります。
それは本に書いてあったんだけど、
当時、盗聴されてた本人や共産党員でさえも
誰も創価学会を疑っていなかったというところ。
まさか社会的弱者の多い「平和」が口癖の仏教徒
達が そんなはしたないこと、するわけがないと思ったんでしょうね。(共産党は公安を疑ってたそうです)
私もダンナを失業に追い込んでいるのは てっきり
自民党関係かな?と思っていました。
「だんなさん、就職見つかった〜?・・・そう、よかった
ね〜るんるん」な〜んて心配そうに聞きに来る人達が、
裏で正反対のことをしているなんて 
思いもしませんでした。(ブログ7月4日分に詳細)

創価学会というのは ホントに
表と裏でやってることが違うんですね!
私もまんまとだまされ続けました。
でももう、だまされませんexclamation
気づいてよかったと思っています。

創価学会の口癖
「仏敵をたたきつぶせ」
「邪悪と戦え」
「裏切り者には仏罰を与えろ」
「忘恩は最大の罪なり」
「不知恩は人の道ならず」
「不知恩は犬畜生にも劣る」
「学会員は断じて勝て」

その他多数。全て『聖教新聞』に年がら年中、出てくる言葉ですよねexclamation
posted by hope_solution at 10:40| Comment(0) | 有名人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月18日

赤城農水大臣の絆創膏は電磁波ビームが原因か?

昨日からやたらニュースで取り上げられてる
赤城徳彦農水大臣の顔のガーゼと絆創膏、
本人が理由をはっきり言わないそうですが、
皆さんは どう思いますか?

私はもちろん、すぐに「電磁波でやられたなexclamation」と
思いました。
これは 間違いないと思っているのですが
誰がやったのかは わかりません。
私は 創価学会を疑っています。
公明党はただでさえ年金問題や住民税の増額等で
低迷なのに、「政治に潔癖」をアピールしていた
公明党としては選挙前に金銭面でのトラブルは困ると。
確か、全国で9人ぐらい
自民党を推薦するんじゃなかったかな? 
婦人部
からも どーして自民党批判
やらないのかという苦情がかなり出てるとか。
それで 態度を改めさせる目的で仏罰のつもりで
痛めつけたとか。
あんな非常識な宗教団体が 電磁波の技術
手に入れているというのは 
恐ろしいことだと思いませんか?

〔訂正〕
後で、聖教新聞(7月11日)で調べたら、
公明党が推薦する自民党候補者は38人でしたexclamation

(えっexclamation&question公明党から22人しか立候補しないのに、
それより多いの?? 
どーりで 自民党が創価学会に逆らえないはずだ・・exclamation


posted by hope_solution at 11:16| Comment(0) | 有名人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月16日

MCの被害者? 伊丹十三

前のブログで書いた 映画監督の伊丹十三という人を
御存知ですか?
『マルサの女』とか、『お葬式』とか・・・。
『ミンボーの女』では、山口組系暴力団後藤組から襲われて、全治3ヶ月の重症を負った人です。
(ちなみに、私は松田優作が出てた『家族ゲーム』が大好きでした)

その彼のことで、前からひっかかってたことがあるので ちょっと書いときます。

彼は1997年12月20日、週刊誌に不倫をバラされたのを苦に、投身自殺したそうですが、
あれだけのことができる人ですよ、
ちょっとおかしいと思いません?
自殺直前のワイドショーでも 「次回作をお楽しみに」なんて、笑って言ってたの、私も見てるし。

アンチ創価学会のサイトの情報によると、
次回作というのは 何でも「創価学会」を連想させるような
カルト宗教」を扱ったものだったそうで。
ちなみに、後藤組というのは、創価学会の用心棒で
過去にも、創価学会の墓苑事業建設に反対した住民の
代表が組員に刺されたとか。 ナンカ、

「伊丹の次回作」→「創価学会」→「電磁波操作(MC)で暗殺exclamation という連想は 飛躍しすぎ?

ちなみに その年の9月に「日本アカデミー大賞」が
生放送でやってて、それに伊丹が出ていて、ナント、
カメラ目線で思いっきりうなづいたのですexclamation×2
私はこういうことをされている立場なので、当然
私への何かのメッセージではないかと思ってしまいました。
ちなみに翌月、次女が生まれています。
(その頃から創価の婦人部長とは険悪でした)

ナンカ、他にも思うことがあって、涙が止まりません。たらーっ(汗)

p.s.
カメラ目線で思いっきりうなづいた」と言えば、
まだ、私が20歳そこそこの頃、TBSのニュースキャスター(?)料治直哉(?当て字です)も、同じことをしたのが やたら印象に残っていて忘れられません。
番組の内容は見ていなかったので
流れはよくわかりませんでしたが、なんか、あの時も
(ん?私関連のこと、なんか言ってたの?)と
直感的に思ってしまいました。
あの頃から私は(これは性格を変える実験だ。私は運悪く、またま選ばれてしまったんだ!欧米が技術提携みたいな形で絡んでる!!私に問題があって選ばれたんじゃな〜〜いexclamation×2)と叫んでいました。
(あの当時、思考盗聴してて、覚えている人 誰かいません?)

彼は その「うなづき事件?」から わずか半年後、
いきなり病死しました。がく〜(落胆した顔)(まさか電磁波で?・・・)

ひょっとして、彼はこの電磁波によるMCのことを
知っていて あの当時、数少なかった批判者の1人
だったのではないでしょうか?
(それで 実験責任者達から消されたexclamation&question

そう思うと、とても残念で、腹立たしいですちっ(怒った顔)

世界から、どんどん本物の正義良心が消されているような気がします。
これをほっとくわけにはいかない、と思わないのですか?





posted by hope_solution at 18:33| Comment(2) | 有名人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。