2010年05月02日

ロボトミー手術

皆さん、ロボトミーという精神病を治療するための外科手術を
ご存知でしたか?
ukiyonoitoさんという、私と同じく電磁波被害者のコメントで
思い出したので関連記事のリンク貼っときます。



これは、その人間に制御できない運動や精神活動をさせている
狂った電気信号を発信している脳の部位を切除するという手術で、
発案者はヨーロッパの人で、アメリカでは第二次世界大戦後に
爆発的に流行ったそうです。
アメリカに占領されてた日本でも、数多くの被験者がいたようです。


今はこの手術は公にはもうされていないと思いますが、
精神分裂病(平成14年から統合失調症に改名)の、
戦前戦後に世界中で行われていた治療法の1つのようです。
この手術を受けた1人の日本人の人生の記録です。

私は、大教大付属小学校生8人殺人事件の宅間守(既に処刑済み)も
信号操作によって人為的に作られた殺人者だと思っていました。



 ロボトミー殺人事件
http://www.alpha-net.ne.jp/users2/knight9/lobotomy.htm


posted by hope_solution at 20:30| Comment(6) | 電磁波関連豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月26日

“脳に働きかける着メロ”の記事、コピペ!

このブログを読んでくれてる皆さま。
先日、UPした苫米地英人の洗脳着メロの記事、
読めましたでしょうか?
私がクリックすると相変わらず苫米地の画像がズラッと
出てくるようなので(2回目のクリックでお目当ての記事は出ます)
もー頭にきたので記事を丸ごとコピペすることにいたしました。
興味のある方はぜひご一読を。
どう思われるかは各人さまの自由です。
電磁波被害と関連のある点は、人の体・思考・感情などは
全て脳で形成されている微弱な電気信号によって決まる、
その信号を利用しているという所ですね。
そーいう点ではまんざら否定できないと思っています。
但し、ただ音楽を聴くだけでは劇的な効果はすぐには出ませんよね。
当然、その部位を強化する栄養や
日ごろの意識・振る舞いなども揃えると、
目に見える効果が出るような気がします。
ま、信じる信じないはあなた次第ですよ(笑)
時間がないので、それでは。






【週刊実話】9/30号:比較的高年齢のオッサン向けエロ週刊誌
に、なかなか面白いネタ登場。
あの 苫米地英人 が関係する「洗脳」携帯着メロについての記事。

すでにこのネタはソフトバンク系のITmedia Newsの
[ITmediaモバイル:聞くだけで彼女ができる?2004/09/02]
http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/0409/02/news048.html
で既報だが、「苫米地とオウム」の話は軽く流されていた。
当然この週刊誌では、それなりに突っ込んで取り上げられている。
ITmediaの宣伝一本槍のチョウチン記事と比較すると、面白い。

以下【週刊実話】9/30号 から転載

------------------------------------------------------------------------

携帯電話の着信音にセットすれば、聞くだけで彼女ができる、巨乳になる…
…そんな触れ込みの『奇跡の着うた』が大ヒットしている。
7月21日のサービス開始以来、わずか1週間で1万ダウンロードを超える
ほどの記録的な人気なのだ。

「携帯の着信音といえば、これまではメロデイーだけの着メロがほとんどでしたが、
今は歌声がそのまま流れる着うたが主流です。ただ、独占禁止法違反の疑いで
公正取引委員会が調査に乗り出すなど、大手レコード会社が著作隣接権を楯に
配信事業をほぼ独占。そのため、着メロが1曲10円以下にまで安くなったのに比べ、
着うたは1曲100円以上と割高。そこで、各社ともあの手この手のサービス合戦を繰
り広げているわけです。そんな中、『奇跡の着うた』は聞くだけでさまざまな
効果が得られるという斬新さがユーザーの心を掴んだのでしょう」
(スポーツ紙芸能記者)

現在、『奇跡の着うた』は (1)彼女ができる、(2)彼氏ができる、(3)やせる、
(4)肌がきれいになる、(5)巨乳になる、(6)集中力がアップする、
(7)物覚えがよくなる、(8)自分に自信が持てるようになる…の計8種類12曲が
配信されている。配信元のティー・オー・エスの資料には、
〈この音源の製作には、多くの被験者参加による心理物理実験のデータを利用
した特殊なプログラムが利用されており、利用者は、この音源が埋め込まれた
着うたを毎日繰り返し聞くことにより、特殊な刺激が脳に与えられ、
望む効果が発揮されるように設計されている〉
とあり、かなりうさん臭いのだが、同配信元では
「いちばん人気があるのは、聞くだけで彼女ができるという楽曲です。
効果がなかったなどという苦情やクレームは、1件も寄せられていません」
と強気なのだ。
確かに、聞くだけで女性にモテるなら試してみたくなるのも人情だが、そんなに
うまい話があるものだろうか?真偽のほどを確かめるべく、取材を進めていくうち
に浮かび上がってきたのは、意外な人物の名前だった。
なんと、『奇跡の着うた』の開発者は、かつてオウム真理教事件でマスコミを
騒がせた、あの脳機能学者・苫米地英人氏(45)その人だったのである。

スポーツ紙記者が述懐する。

「苫米地氏は催眠術や洗脳のプロセスに詳しく、『洗脳原論』という著書も
出しています。1996年には、マインドコントロールを解くためにカウンセリングを
施していたオウム真理教の元広告塔、オウムシスターズの3女と電撃結婚。
芸能人並みに金屏風の前で記者会見を開いたのですが、当時は
『カウンセラーとしての倫理感に欠ける』『麻原(彰晃)に代わってグルになっただけ』
『逆洗脳だ』などという批判が一部で巻き起こりました」
さらに翌'97年には、
「オウム信者で元巡査長のKに催眠術をかけ、国松長官狙撃事件の実行犯であるという
証言をさせた。その一部始終を撮影したビデオテープを自らテレビ局に持ち込んだこと
から、警察を揺るがす大スキャンダルとなり、時の警視総監や公安部長が辞任する騒動
になりました。しかし、7年たった現在でも、肝心のKの証言に矛盾点が多いことや、
苫米地氏に新たに植え付けられた記憶によってKの意識は混濁したままであり、
真相解明を妨げているという指摘もあるのです」

[ 洗脳技術の平和利用? ]

スキャンダラスな話題ばかりで注目を集めてきたためか、自身もオウム信者なのでは
ないかという風評を立てられたことも1度や2度ではなかったという。そんな、
いわくつきの人物が開発した『奇跡の着うた』である。効果のほどはもとより、
知らず知らずのうちに洗脳やマインドコントロールをされそうで、心配になってくる。
本誌は、渦中の苫米地氏本人を直撃した。

「この『奇跡の着うた』の技術には、私が'85年から約20年にわたって研究を続けてきた、
脳研究の中でも無意識レベルの情報伝達研究の成果が組み込まれています。これらの
要素技術を応用したものが、現代的な洗脳であり、また脱洗脳でもあります。ですから、
『奇跡の着うた』は洗脳技術の平和利用であり、"役に立つ洗脳" "良い洗脳"という
こともできます。確かに、こういった広い意味でのサブリミナル効果は、オウム事件
までは悪用を防ぐため、我々科学者は敢えて効果を否定してきましたが、現在では、
逆に技術を開示するべきであるという判断をしています」

なにやら小難しい説明になったが、要は"洗脳"の一種であることを認めたということ
だろう。効果があるのか?という質間もしてみた。

「はい。それぞれに、脳機能科学的に根拠のある技術を入れています。私の知り合い
からも、実際に彼女ができた、胸が大きくなったというメールが続々と届いています」

自信に満ちた回答である。苫米地氏はさらに説明を続けた。

「恋人ができるといった、相手があるものに関しては2人で同時に音源を聞くことに
より、ラボールと呼ばれる強い親近感が2人の問に生まれるような仕掛けを入れてあり
ます。さらに、自信を持って大胆な行動がとれるように、本人の意思を強化する音源
も含まれています。胸が大きくなるものについては、胸の筋肉に働きかける音源が
入れてあります」

とのこと。毎日20回以上、できれば各回10秒間は聞くことによって、効果が期待
できるという。とにもかくにも、話題には事欠かない、この『奇跡の着うた』。
試してみる勇気、あなたにはありますか?

【週刊実話】9/30号

posted by hope_solution at 15:46| Comment(2) | 電磁波関連豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月12日

脳に働きかける着メロ

この方(苫米地英人)も、電磁波被害者にとっては
要チェックの価値あり人物だと思います。


「洗脳」携帯着メロ大量ダウンロードと苫米地英人【週刊実話】9/30号
http://www.bing.com/images/search?q=%e8%8b%ab%e7%b1%b3%e5%9c%b0%e8%8b%b1%e4%ba%ba#focal=ee25c03e4fcadebe66773ae0753cd0d5&furl=http://www5e.biglobe.ne.jp/~conspire/img/tomabeti_chakumelo_001.jpg

過去に彼と関連した記事、書いてます。
http://blogs.dion.ne.jp/hope_solution/archives/5828643.html

彼が翻訳してくれた『CIA洗脳実験室』の最後に、
TV番組『たかじんのそこまで言って委員会』のレギュラー、
宮崎哲弥(評論家)との対談が載ってるんですが、
ここまで知ってる人たちが
私たちの存在を知らないはずはないですよね。
そーいう意味では
最近やたら脳科学系の番組に出まくってる同じく脳科学者、
茂木健一郎も絶対、私たちのこと知ってると思います。



関連本として
  『洗脳言論』by苫米地英人(脳機能学者)

  『生きて死ぬ私』by茂木健一郎(脳科学者)

なども脳をコントロールできる、
またその被験者にされている人たちがいることを実感するのに
役立つかと思います。


ストレートな著書はよそのブログやサイトで紹介されてるので
この2冊は電磁波には触れていないけど
脳の機能を知ることによって
人の感情や思考までコントロール可能なことが
納得できるのではないかと思い、
再度 挙げてみました。
(被害者でそこまではできないんじゃないかと言う意見をよく目にするので)
興味を持たれた方はぜひどーぞ!
この電磁波犯罪の理解が深まることを期待してます。












posted by hope_solution at 16:04| Comment(0) | 電磁波関連豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月25日

右翼街宣車の正体

今日、難波で仕事中、うるさくて汚い音源の軍歌が
大音量で聞えてきたので、窓から外を覗くと
『憲政義塾』と書いた、紺色の菊の紋章と日の丸の旗を付けた
右翼の街宣車が通った。
ウィンカーも点けずに車線変更し、
何故か?私が窓から見た途端、音を止めた。
しばらくしてから、またそばを通った。
ズンチャカズンチャカとけたたましく軍歌を鳴り響かせて。
今日は1往復で終わった。
遠くの方で男の拡声器を使った怒鳴り声も聞こえてた。
内容は聞き取れませんでした。

http://gaisen.fc2web.com/kenseigijuku.html

私が見たのは上から4番目の車と似ていました。
ナンバーなどは見ませんでした。
今度から見るようにします。



下のサイトは削除される可能性が高いので
お早めにアクセス・コピーなどお願いします<(_ _)>
日本の本当の実態を1人でも早く気づいてください!

http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/446.html



この電磁波犯罪による個人攻撃は
アメリカを中心として目論む“世界再編計画”の
1コマに過ぎません!
恐らくアジアを1つにまとめるために
力のある日本から解体しようという魂胆でしょう。

生粋の日本人の皆さん!狙われています!
早くこの世界的な流れに気づいて
皆で考えなければいけないと思います。

インターネットに関連の記事やサイトが沢山あります!
日本人の皆さん、団結しましょう!
posted by hope_solution at 18:28| Comment(0) | 電磁波関連豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月01日

NPO研究プロジェクト

ちょっと、ちょっと〜あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
これは罠ですよ〜あせあせ(飛び散る汗)
隣人トラブルの組織版ですよ〜!

もう!思考操作を理解させないと話が進みそうもありませんねふらふら

瀬戸ひろゆきさんが、リチャード・コシミズさんに反撃を
かけています。

「輿水正にお灸を据える!」
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/52344190.html


私はコシミズさんを2年前に知りましたが
そのずっと前から
創価・池田を名指しで派手にこけおろしにしていたかたです。
創価だけではなく、ロスチャイルドや統一教会など、
大きな闇の組織を数年前から写真つきで大々的に批判していた人
なんです。
あんな行動を取る人を闇の電磁波犯罪組織がほっとくわけないと
思ってたんだよね〜ふらふら

コシミズさんのここ最近の言動は確かに看過できないものが
あると私も思います。
そこは訂正させるべきと思いますが、
彼は確実に思考をコントロールされているので
そこを理解してほしいと思うのです。
この「思考コントロール」!
電磁波犯罪の極めつけとも言うべき「マインドコントロール」を
理解しないとせっかく築きあげたものが全てオジャンに
なってしまいます!

ミラーマンこと植草一秀元早稲田教授が
あんなオバカな行動を自分の意思ですると思いますか?
電磁波を使っての脳の信号操作による行動コントロールだと
思いませんか?
彼は消されたのです!
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A4%8D%E8%8D%89%E4%B8%80%E7%A7%80


絶対に!この思考コントロールを理解しないと
全てやられてしまいます!!!


「NPO研究プロジェクト」
(=市民運動破壊プロジェクト)

なるものが存在することを知って下さい!
表面に出た謂れのない誹謗中傷や誤りは
指摘・訂正されるべきですが
瀬戸さんもコシミズさんも巨悪(世界コントロール計画)と
闘う貴重な人材だってこと。
2人とも失いたくありません!
どちらかがとどめを刺すことだけは誰か止めてあげてほしいですたらーっ(汗)
誤りだけを批判して思考をコントロールされてることを
悟らせてほしいです。


 現在、ジョンズ・ホプキンス大学では
「いかに市民運動を支配し有名無実状態へとコントロールするか」
 というテーマで「NPO研究プロジェクト」が推進されている。
 市民運動への資金提供、大学教授・ジャーナリスト派遣による
 講演会を用いた政策誘導、市民運動家への電磁波兵器使用による
 発病、内紛の誘発など、
 様々な「破壊技術」が研究されている。

http://blogs.dion.ne.jp/hope_solution/archives/6706909.html
posted by hope_solution at 10:51| Comment(0) | 電磁波関連豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月08日

気象操作の一端

いろいろ調べてたら興味深い記事にぶち当たりました。

「台風の勢力や進路を電磁ビームでコントロール」
 http://www.technobahn.com/news/200904211540


一般に公開するまでにどれだけの犠牲を出して
実験したんでしょーね?
副作用とか大丈夫なのかな〜?
私、九州に住んでたことあるから台風直撃なんて
何回も経験してるけど、そんな大したことなかったけどな。
電磁ビーム照射による間接的な被害のほうが
大きいような気がするんだけど?
ひょっとして開発の必要性を促すためにわざと自然災害を大きくして
(逆のこともできるってことだよね?)
メディアを使って大衆が反発しないように
心理操作してな〜い?
posted by hope_solution at 20:43| Comment(0) | 電磁波関連豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月21日

『草食系男子と肉食系女子』(今日2回目の投稿)

今、9:08AM。
今日1回目の投稿後(5AM過ぎ)から
まだ眠らせてもらえません・・・ふらふら

布団に横になりながらTV(日テレ系『ズームイン』)を見てたら
3連休の湘南海岸を取材してて、そしたらビックリすること言ってた!
ナント、最近の20代の男の人って水着にならないんだって・・がく〜(落胆した顔)
「どーして?」ってリポーターが訊いたら、
「僕たち草食系だから」だって。
あと「体に自信がないから」とも。
「髪が濡れるのがイヤ」だとも(???)
バッグから女の子が巻き髪をする時に使うコテ?みたいなのを
出してきて、短い髪を整える仕草をして見せる。
あとは『ドラクエ』やってんだって。
「海でやらなくてもいいんじゃないの?」と訊かれたら
「ここでやると強くなれる気がする」んだとか・・。

この取材、ヤラセなんですかね〜?
それともホンマの話??
20代に知り合いがいないんでわかんないんだけど。
反対に女子はビキニで体格のいいプロポーションを惜しげもなく
さらしておりました。19歳だって!
「もっと来て!」とか言ってました。
今流行りの『草食系男子と肉食系女子』なんだそーです。

何でこの話題を取り上げようと思ったかと言うと
この『草食系男子と肉食系女子』現象も
アメリカが日本を潰すための一環だと思ったからです。
前にこのブログでも書いたと思うんだけど
アメリカには、日本をアメリカの言いなりにするために
日本を弱体化させる方法として
「日本人男子と経済を弱らせろ」という指示があるそうなんです。
ホントか嘘かはわかりませんが、今の日本の現状を見てると
あてはまる気がするんですよね。

よければ私の過去の記事も読んで見てください。
 「電磁波兵器に関する情報」(2008.1.17)
http://blogs.dion.ne.jp/hope_solution/archives/6706909.html


日本も韓国のように軍隊を持とう!!
日本人男子、ガンバレ〜〜〜(^.^)/~~~


posted by hope_solution at 09:14| Comment(4) | 電磁波関連豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月11日

離間工作

皆さん、ご無沙汰してました。
記事をUPしない日でも相変わらず150〜200の
訪問者数があり、
一体どんな人たちが読んでるんだろーなぁ?と思ってます。
コメントの少なさから察して
恐らく半分以上は加害工作員どもなんでしょーね?
このブログは完全にあの組織にマークされてますからね。

被害も相変わらずで、
早朝覚醒、便の硬化、接する人たちの咳払いなどが続いています。
加えて最近気になり出したのが
思考力・記憶力の低下、感情操作です。


ところで他の被害者のかた達も指摘していますが
最近、加害側による離間工作なるものが
目立ってきております。
これは文字通り“相互の仲を引き離し、仲たがいさせる工作
であります。
有名どころでは
電磁波被害者のかた達ならご存知でしょうが
『独立党』党首のリチャード・コシミズさんと
電磁波被害者の『不幸のブログ』管理人さんの諸星あたるさん。
同志であるはずなのに先日決別してしまいました。
詳細は『不幸のブログ』をご覧下さい。

 http://uruseiblog.blog59.fc2.com/blog-entry-1175.html

ちなみにコシミズさんのブログのコメント欄で
“空”という名前で諸星さんのことを云々と書き込んでる奴が
いましたが、この“空”という名前は
私がmixiで使ってる名前です(もう変えましたが)。
書き込んだのは勿論私ではありません。
私の“なりすまし”ってやつですね。
コシミズさん、諸星さん、私の共通点と言えば・・・、
おわかりですね?

 
こーいうこともするんだということを知ってほしかったんです。
コシミズさんは恐らくマインド・コントロールされてるでしょうね。
諸星さんもおとといのブログで触れている“脳の電気信号操作”
によるものと思われます。

http://uruseiblog.blog59.fc2.com/blog-entry-1189.html

ちなみに最近やめたようですが、
一時期、私の思考と諸星さんの取り上げる記事内容が
立て続けに連動していました。
諸星さんは私の考えてることなど知らないのはわかってたので
誰にも話しませんでしたが。
今思うとメモぐらい取っとけばよかったな、と。
どーいう展開になるかわかったもんじゃありません、全く。

そしてわからないのは
諸星さんが記事にしようと思ったことを私の脳に送信してたのか?
それとも私が興味を持ったことを諸星さんにも送信して
彼に記事を書かせていたのか?
それとも私と彼と同時に加害側が同じテーマを送信してたのか?
恐らく3番目でしょうね。
諸星さんはこのことを知ったらどう思うかな?
ちなみに諸星さんが『独立党』を脱会する前、
1週間ぐらいだったと思います。

ひょっとしたら一連の流れは全て計算ずくで仕掛けられたもので
何かの心理実験だったのかもしれないとも思えてきました。

諸星さんのコメントに書き込んだ“なまえ”という名前の人物、
やはり“ほのめかし工作員”ですね。

イヤですねー。
他人の思考・感情を自在に操作できる!
この技術、早く理解しとかないと
ホント、振り回されてしまいますちっ(怒った顔)

電磁波被害者の方々は
くれぐれも思考や感情をも操作されることをしっかり認識して、
不本意な事態に誘導されぬようお気をつけ下さい。
 


posted by hope_solution at 19:46| Comment(1) | 電磁波関連豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月04日

お知らせ

大阪の市立図書館に
「電磁波被害者」のかたが書かれた本が
受け入れてもらえたようです。
インターネットで予約もできます。
(『早すぎる?おはなし』だけで出てきます)

皆さん、ぜひ読んで下さい!
大きな書店でも売られているので買って下さい。(¥1260)
お願いします。

著者のかたは、『バッカス&ミューズ』というブログを
ほぼ毎日更新しているので、そちらのほうもご覧下さい。
以下は図書館のサイトの紹介文のコピーです。




   ★    ★    ★    ★    ★


内容紹介など


タイトル 早すぎる?おはなし:
      テクノロジー犯罪被害者による被害報告日誌

著者名  内山 治樹/著・ブックデザイン

出版者  東京:講談社出版サービスセンター、2008.12


内容紹介 
障害再建のための医療技術を悪用し、
最先端の通信技術との併用により遠隔操作で人の五感に介入し、
心身に対し嫌がらせを行う犯罪が進行している。
新たなテクノロジー犯罪による被害者が、その被害状況を語る。


要旨   
障害再建のための医療技術を悪用し、
最先端の通信技術との併用により遠隔操作で人の五感に介入し、
心身に対し、考えられないような嫌がらせを行う犯罪が
進行しています。
このまま放っておけば、被害者の数は増え、
不条理な苦しみを強要される人の数は増えていくでしょう。
法整備がまったく成されていないために、加害者は野放し状態。
被害者は被害者であることを
1年365日、1日24時間強要され続けています。
こんなことが現在の世の中に…。
しかし、ここに記されていることは全て事実なのです。


内容    1 メカニズムの推論;
       2 実態報告;
       3 被害の経緯;
       4 被害日誌;付録



≪出典≫
内容紹介、目次、著者紹介、受賞情報、書評情報
  「TRC-MARC」(TRC) より

要旨、内容、内容の書名
  「BOOK」((株)トーハン、日本出版販(株)、
   日外アソシエーツ、(株)紀伊国屋書店)より

紹介文 あなたにこの本を、こどものほんだな
    大阪市立図書館職員が執筆

解題情報  大阪市立図書館職員が執筆

目次情報   大阪市立図書館で入力


posted by hope_solution at 01:06| Comment(1) | 電磁波関連豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月11日

水道水に「バカ薬」?(アメリカ)

雷AP通信は9日、全米24の大都市圏で
少なくとも4100万人が利用する飲用水道水から
抗生物質や精神安定剤など
医薬品の成分が検出されていることがわかったと報じた。
検出量は微量で、製薬業界は「健康への影響はほとんどない」
と指摘。だが、日々長期間にわたって口にするものだけに
環境保護局の当局者は「懸念が高まっていることは認識しており
深刻にとらえている」と述べた。


昨日ラジオを聴いていたらこんなニュースが流れていたので
やっと投稿する気になった。
マインドコントロール関連の本に「フッ素」のことが書かれて
あったので、ずっと気になってたWORDではあったのだが
ネットで調べたら賛否があるということなので
保留にしていたのだが、昨日のニュースを聞いて
やっぱり問題提起すべきなのかな、という気になったので
投稿することにした。

(以下本の引用)
頭の弱い人間を大量生産するために
公共の水道水に「バカ薬」を添加するほど
すばらしい方法はないだろう。
水は不可欠である。
人々には「歯に良いんです」と信じ込ませ、
国民の血税を充当し、全国で実施する。
アメリカでは1945年に水道水のフッ化物添加が始まり
60年近くが過ぎた。
「フッ素は虫歯を防ぎ、丈夫な歯を作る」という提唱の下、
当時の連邦安全局が「国家事業」としてのフッ素キャンペーンを
開始した。

多くの人にとっては小説より奇なりであるが
水道に添加されるフッ化物は虫歯の予防どころか
逆に虫歯を増加させる。
フッ素が歯の表面に付着するとエナメル質が硬くなり
長期にさらされると欠けたりヒビが入りやすくなるというのが
原因と説明される。

また94年、マレニックス、デンベンシュテン、シュ二アー、
キーナンの4博士は
「フッ素は脳や中央神経に影響を与える」ことを研究したが
それによるとフッ化物は特に脳の海馬に影響を及ぼす。
フッ素が脳に蓄積すると海馬の成長阻害が生じる。
海馬は環境からの情報インプット、記憶、行動の動機になる刺激を
統合し、行動決定や記憶の制御を行うところであるため
海馬がダメージを受けると物事を判断する能力が落ち、
環境に正しく対応した行動を起こすことが難しくなる。

ラット使用の実験によると
フッ素摂取ラットには一般的行動異常が見られたが
これは人間の運動機能低下、低IQ、学習能力低下などを
説明するものであり、脳内のフッ素レベルと行動変化は
直接関係すると結論付けた。

「50年代、ソ連は国内各地の強制収容所の運営のため
収容所の飲み水にフッ素混入を開始した。
フッ素を飲ませると囚人達がおとなしく従順になるからである。
40年代からグラーツ収容所などで使用されるフッ素は
アメリカからアラスカ経由で輸出されていた」

「第二次世界大戦直後、ドイツを占領した進駐軍は
ドイツの産業解体とナチ科学者の抱え込みを計っていた。
I.G.ファーベン社の化学工場接収のため
アメリカ本国からチャールズ・エリオット・パーキンス
という科学者が送られた。
ファーベン社はアウシュビッツ収容所にゴム工場を持ち
囚人を労働力として使用したカルテルであった。
パーキンスはナチ高官科学者の聴取を行い、
1954年10月、その内容をリー財団栄養研究所に書簡で提出、
『ナチ上層部は言うなればマインドコントロールに等しい、
多くの人間を対象にした包括的大衆コントロールプランを
持っていた』と伝えた。
キーは水道水薬品混入でナチは40年頃から研究を行っていたが
主な薬品はフッ化ナトリウムであった。
手紙の文面に『水道水にフッ素を混ぜることにより
人々をおとなしくさせ、権力者への抵抗を減らす。
(中略)結果的に脳機能を低下させ、無気力無抵抗にし、
操作しやすくする。
フッ素処理水を1年間飲んだ人間は
精神的にも物理的にももはや同じ人間ではなくなる』と書かれていた」

フッ素は虫歯予防にはならないというのは驚く事実であるが
半世紀以上も飲み水にドブドブと投入していながら
歯科医が繁盛しているのはこのためである。
知能を下げ、状況判断能力を落とすため、
ナチやソ連が収容所の水に混入し、
囚人達をレジスタンス(抵抗運動)どころか
お上の言うことに疑問さえ抱かない服従者にさせようとした。
健康でしっかりした意思決定能力がある人間よりも
頭が少々お弱くてとろい人間の方が扱いやすい。
不正に対して堂々と真っ向から非を唱える者ほど
厄介なものはないのであるから。
(引用終わり)


この事実を知ってから身の回りの物を調べてみたら
ウチもずいぶん摂取させられてんだなあと驚くばかりだ。がく〜(落胆した顔)
まず歯磨き粉。店で買う時原材料を見てみたら
「フッ素」が使われてない歯磨き粉がほとんど見当たらなかった。
それからフッ素樹脂加工のフライパン。
フッ素樹脂フライパン用のフライ返し。
子供達も2人とも幼稚園で虫歯予防にと歯に直接「フッ素塗布」を
施された。

私も20歳ぐらいからだったか?論理立てて物事を考えるのが
苦手になってて今も込み入ったことを筋道が通るように考えるのが
苦痛になっている。
ここまで書き込むのに約3時間かかった。
途中雑念が浮かんだり、漢字変換がうまくいかなかったりの
妨害を受けた。
私を監視している奴らはこの記事を投稿させたくなかったようだ。

皆はこの事実をどう思っているのだろう?
日本の水道水は大丈夫なのかなあ?
やっぱり「世界人間牧場」、「国民総愚民化計画」を
目論んでるってホントに思えてきた・・・。がく〜(落胆した顔)
いつの世にも悪いことを考える奴って出てくるもんだネ〜。
この計画を阻止することは可能なのか?
このまま放っといていいのか?
アヤツラは次に何をやらかす気でいるのか?
考えるとゾッとする。
そー言えば今年は「アメリカ大統領選」、「北京オリンピック」と
ビッグイベントが目白押しだなあ・・・。
何もなきゃいいけどね・・。

posted by hope_solution at 10:54| Comment(0) | 電磁波関連豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。