2010年07月06日

ケータイで写真を撮ろうとした女

毎日毎日、創×学会との戦いが続いておりますちっ(怒った顔)

今朝、電車の中で私の思考に反応して思いっきり咳払いをした
じじぃが2頭ほどいたので、その1人によく見えるように
いつも持ち歩いている『創価学会・公明党の犯罪白書』を
突き出すように掲げてみた。

・・・こちらの思惑通り本を見てくれて、その後、2頭のじじぃは
咳をしなくなったわーい(嬉しい顔)

次の駅で2頭とも降りた代りに、今度は目の前に
いかにも創×婦人部っぽい出で立ちの若作りの女が座った。
(数年前から私は外見で創×信者、
まだ未入会だが折伏中のフレンドなどを見分けれるように
なりました)

直感的に婦人部と思った私は、まだ手に持っていた例の本の表紙を
その女に見せてみた。

案の定、その女は表紙のタイトルに目線が釘付けになり、
その後、ケータイを取り出し、キーを打ち始めた。
私はとっさに写真を撮られるのではと思い、
ケータイのカメラ部分をにらみつけた。
女はそれに気づいてあさっての方向をしばらく見てた。
私がちょっと目をそらすと女はすぐにキーを打ち出す。
油断大敵だな!と確信して女が降りるまで目を離さない決意をした。
やはり変な方角を見てはケータイをいじり、次の駅で降りてくれた。
ケータイのシャッターは押さなかったようだ手(チョキ)

その女は確実に創×婦人部です!
当たってるよね、私の担当者さん!!


p.s.
記事の内容とは関係ありませんが、
6:30〜7:30PMぐらいまで、
いつもの×西創価地区部長ではない、
別の60ぐらいの朝鮮風の創価壮年部員が来て、
またまた玄関先でダンナの顔を見るなり、仕事の話・・ふらふら
「職安とか行ってるの?」とか、
相変わらず×西地区部長と同じことを訊いているちっ(怒った顔)
もう聞いてて、腹が立って仕方がなかったちっ(怒った顔)爆弾
(ダンナを失業させたのはおまえらだろーが!!
 ほんと、ウチのダンナがマヌケに思えて仕方がないもうやだ〜(悲しい顔)
ダンナにそのことを言うと、足で蹴られましたふらふら
暴れ出すのでなかなか説得できませんもうやだ〜(悲しい顔)

夕方には子供がそろばんに一緒に通ってる
やはり創×未来部のクソガキが家に上がり込んでたしふらふら

我が家は完全に創×に囲まれているふらふら
どーしたらいいのやら・・・バッド(下向き矢印)








posted by hope_solution at 20:32| Comment(1) | 創価学会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
民事で訴えればいいと思います
Posted by ヘックス at 2010年07月08日 02:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。