2007年11月23日

「サトラレ保護法」について

晴れ今朝は学校が休みなので、
目覚ましをかけていなかったのだが
7AM、8AM、9AM、JUSTに起こされた。
体がだるかったが しゃーないんで、
「ハイハイ、わかりましたよ。起きりゃいいんでしょ、
起きればexclamation」ということで、9:40AM頃、
やっと布団から這い出たところ。


-------------------------------------------------
演劇『サトラレ』という漫画をとりあえず『〜neo1』まで
読んだ。
皆さんは、この漫画知ってました?私は知りませんでした。
1999年頃から連載されてたみたいですね。
今も続いているんですか?
こないだ『イブニング』という漫画雑誌を調べたら
なかったけど。もう終わったのかな?

知らない人のために中身を簡単に説明すると、

「サトラレ」とは、口に出さずとも自分の考えが周囲の人に
悟られてしまう不思議な能力の持ち主のことで、
漫画の中では、「先天性R型脳梁変性症」という架空の病気が
原因とされていて、1000万人に1人の確率で
生まれてくるという設定。
国光という男が1人のサトラレの女子大生が自殺したのを
きっかけにサトラレの保護を訴え、「サトラレ保護法」という
法律を作った。
これはサトラレに自分がサトラレであることを気づかせないように
するために周囲の人に協力させるもの。
故意に本人に気づかせた場合は処罰される。
サトラレはIQが180(?)という天才なので
開発・研究には向いているが守秘義務が生じるような職業には
向いていないはずが漫画の中では「サトラレ保護法」によって
社会にうまく適応できるように配慮がなされている。


私はこの漫画のサトラレと同じような現象を
さんざん経験してきたが
私の考えていること、プライベートなことを知っているかのように
ほのめかすのに、伝わっていること自体はほとんどが認めない。
今までの経験だと常識的・道徳的に正しい内容だと
周囲の反応も穏やかなのだが、ちょっと道理に外れたことを
考えたりやったりすると途端に風当たりが強くなる傾向がある。
でも法や倫理・道徳に触れることだけに反発するなら
まだ納得できるのだが、実際はそうとも限らない。
個人の立場、好き嫌い、価値観でも攻撃を受けるので
たまったもんじゃない。

私の経験では漫画のような思いやりや保護、共存が目的の
法律というより、現実は遺伝子異常の奇病などではなく
国家レベルの電磁波を使った人体実験と思っているので
本人に知られてしまうと憲法で保障されてる基本的人権に
抵触してて訴訟を起こされたら負けて実験ができなくなるから
内実は「実験が継続できるようにするための(人体実験)保護法」
なるものは存在してると感じている。
でもそれも実際公に認められているものではなく、
不文律のような形でだと思う。
というよりもっとアバウトで人と同じことをしておけば安心という
事なかれ主義の思想が働いてて、
権力者からにらまれるのが嫌だから黙っている、
あるいは関わりたがらないのでは?
変わった性格、思想の持ち主は「電磁波問題」だけでなく
消されてるという現実がありますから。
実際私と関わった人達が大なり小なりとばっちりを受けていた
(受けている)気がする。

それでも私の場合何人かこの事実を認めるようなリアクションを
示した人達がいる。
いずれも嘘のつけない根がまっすぐな性格の人達だと思う。
その時はとてもうれしかった。
でも正直、その辺の一般人が認めたところで何の力にもならない。
協力を申し出てくれるほど親身にはなってくれないし。

 
・「そのことは今の私の立場とは直接関係ない」
  (工場のリーダー)

・「可哀想だけど、どこかゆがんだところがあるんだろうから
  しょうがないんじゃないの」(短大の同級生)

・ ・・・etc、etc・・・。


はっきり言って私はあまり出来のいい人間ではないと思います。
もし私が漫画のように有能な人間だったら
もっと保護されてたのでしょうか?
国にとって生かしていてもトリエがないと見なされたから
こんなひどい攻撃を受けるようになってしまったのでしょうか?
posted by hope_solution at 13:27| Comment(19) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
安心してください。サトラレは存在しません。電磁波による催眠暗示によって、そう思い込まされているだけです。例えば、電車に乗って心の中で、「この野郎、ぶっ殺してやるぞ!」と叫んで下さい。サトラレだったら、皆その車両から離れるはずです。乗車する車両と、時間は、サトラレないように、サイコロの目で選んでください。
Posted by HOPFROG at 2007年11月23日 22:03
HOPFROG様へ
コメントありがとうございます。
似たようなこと、しょっちゅうやってますが
伝わってるかどうかを確認するのが目的の時は
全く反応しません。
でもその他の時は、やはり伝わってるとしか思えないような
リアクションをしてきます。
私には「サトラレ」に関しては、残念ながら
まだ妄想という確信が持てません。
Posted by nickey at 2007年11月24日 13:06
そうも、創価学会は、毎日例会のようなものはあるのでしょうか?また、日曜祝日等には、特別な行事みたいなものはあるのでしょうか?ご存知ありませんか?今いるアパートにも夫婦がいるんですが、それが公明党支持者のようなのです。また、近くに創価学会の建物もあるのが分かり、覗きにいきましたが、白い大きな建物でした。
Posted by gbc at 2007年11月24日 19:10
gbc様へ
地域によって違うような気がしますが、
基本的には、ほぼ毎日集会のようなものを
やってる気がしています。
(以前住んでた所はほぼ毎日誘いに来てました)
(でも毎日参加している信者は少ないのでは?)
普段、近所の信者の家に集まってやるのは
「座談会」と言ってるようです。
ウチの主人は今の仕事が夜が遅いせいか、
土曜日にある文化会館での「本部幹部会」というものの
招待しか来ません。
私は「平和講演」に何回か誘われました、行きませんが。
以前、1ヶ月の予定表をもらってきたのですが
全部ぎっしりでした。

創価信者はどんな環境にも必ずいます。
特に低所得層の多い地域に。
個人情報の管理に気をつけてください。
Posted by nickey at 2007年11月24日 22:17
どうもありがとうございます。
しかし、ご主人が学会員で奥さんは無関係でいられるんですか?何かとうるさかったり、夫婦関係も怪しくなったりしませんか?ネットを見ていると、創価学会員の犯罪が非常に多いように書かれています。また、2ちゃんねるの集団ストーカースレでは、伊丹十三監督は、層化に殺されたみたいな書き込みがありました。それに対し、「ほんまかいな」と書き込んだのは私です。ネットなどで集ストの情報などは、チェックされているんでしょうか?
Posted by gbc at 2007年11月25日 01:18
gbc様へ
無関係ではいられません。
結婚してから主人も私も子供も毎日のように
いろんな攻撃を受けています。
主人とはうまくいってないし、後悔してます。
でももう子供2人もいるし後戻りできないのです。
実は私が創価の実態を知ったのは2年前なのです。
それまではインターネットをつないでなかったので
全く知らなくて、不覚にも児童手当にだまされて
公明党にも入れていました。
こんな人、多いんじゃないでしょうか?

伊丹監督に関しては私もブログで言及しています。
カテゴリの「有名人」に入れてあるので
よかったら読んでみてください。
私もSが殺し屋か何かに頼んでやったと思っています。
東村山市議会議員に関してはご存知ですか?

私は2ちゃんねるもだいたい目を通しましたが
批判本も3冊読んでいます。

・『創価学会とは何か』 山田直樹 著 2004年発行
 (「第10回編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞」大賞受賞)

・『創価学会解剖』 アエラ編集部 1996年発行
 (朝日新聞が出してる週刊誌に連載されたものです。)

・『お笑い創価学会 信じる者は救われない
  池田大作ってそんなにエライ?』
   佐高信・テリー伊藤 共著  2000年発行


2年間、本やインターネットでいろいろ調べました。
それと今までの(15年間の)実体験が根拠となって
ここまでのアンチになってしまったのです。(笑) 

Posted by nickey at 2007年11月25日 13:27
「安心してください。サトラレは存在しません。」
こういったブログの内容には必ずこういったレスがついていますね。
まったく不思議です。
Posted by 桜井 at 2009年07月23日 23:14
失礼ですが、桜井さま、
あなたのコメントは私が承認する前にブログに出てしまい、
今このレスを書き込むのにも嫌がらせをされています。
(ひらがな入力で打ち込んでも文字が出ず、
 変換を押さないと出てきません。
 変換もトップではなく全部2番目の文字に合わされてて
 いちいちバックしなければなりません。
 指に変な痛みも送信されてるようです)

内容的にも加害者的な発言に思われるのですが。
Posted by nickey at 2009年07月24日 22:35
Nickeyさん、お久しぶりです。。。でんでんです!
私は今、東南アジアのSという国にいますが、この国でもの凄い「悟られ」(周囲の人への思考漏洩)の被害に遭っています。
始めは職場だけだったのですが、暫くして同居している大家さん夫婦にも広がり、5月6日に隣の国のMから帰ってきて以降、電車の中でも店の中でも道端でも、どこでも誰にでも(お年寄りから小学生以下の若い子供まで)に思考が漏洩するようになりました。
私が不快に感じたり、むかっとくると、それが伝わる為、「COMPLAIN」(現地の人達の間ではこの言葉は「文句、不平不満を言っている」という意味で使われています)等と言われます。
最近、電車や店の中、通りすがりでの誹謗中傷がやや少なくなったかというところですが、私はこの国にいるのが本当に嫌で、今の会社にも辞表を出しましたし、2ヶ月後には日本に帰る予定でいます。
退社して離国した後、この国Sには一生戻ってくるつもりはありません。
日本に帰ったら、今まで以上に被害者と連絡を取り、被害に対して取り組まなければと考えています。
一つ気になるのは、ここ数年、私は「悟られ」の被害にばかり遭っているということです。
脳内音声送信と「悟られ」での周囲の人の仄めかしの決定的な違いは、「がせ」なのか、近い将来に自分に起きることの事前予告なのか。。。だと思います。
恐ろしいことに、周囲の人達の私への仄めかしは、殆どが事前予告です。
以前勤務していたスーパーでは「膵臓が悪い」という仄めかしを受けましたし、会社では「入院」「(国名)S」という仄めかしを受けていました。
いずれも、当時の私が知らなかったことですが、後にそれが「がせ」ではなかったことが判明しました。
私の人生の計画を立てている人間がいるようで、私はその計画の通り生きるように操作されているようなのです。
本当に気味が悪いですが、最近、私の被害は他の被害者の方々の被害と少し異なる性質のものなのかと考えさせられています。
人生計画を立てられ、その通りに生きるよう操作されていると感じている被害者の方を知っていたら、是非、紹介して下さい。
Nickeyさんのブログにこんなに私事を長々と書いてしまって申し訳ないです。。。
「悟られ」の被害といえば、Nickeyさんが遭っている被害だと思い出し、書き込みさせて頂きました。
Nickeyさんが被害に遭われつつも、頑張っていらっしゃるようで少しほっとしました。
またコメントかメールします。
Posted by denden_1976 at 2010年05月26日 05:37
でんでんさん、ずっと気になっていました・・・
近況が聞けてとてもうれしいです(*^_^*)

「ほのめかし」が事前予告(現実に起きる)というのは
厄介なのか?それともある意味うまく考えれば
被害を回避できる?

・・・確かにあまり聞きませんね。
よく聞くのは「音声送信の内容はデタラメ・ガセだから
気にしなくていい」という意見ですもんね。

音声送信の内容が事実と合致してると訴えているブログは
たぶん情報ダブってると思いますが

 『平塚・東京・ロンドン・横浜』
    http://groups.exblog.jp/11667454/

この方の被害が参考になるかもです。
アイランドさんに教えてもらったものです(笑)
(彼女から少し聞いてましたよ♪)


でんでんさんの被害告知はいつも繊細で鋭く、
でんでんさんのブログを読んで、
「あ〜、私もやられてんだ〜」って気づかされることが
多かったです。

「サトラレ」で悩んでいた頃はホントにお世話になりました。
私は今はもう周囲の人には思考は伝わってはいないと
確信できたのですが、
まさかそのでんでんさんが「サトラレ」で
そんなに苦しめられてるとは・・・
私は今はbakenshiさんとほぼ同じ見解
(周囲の人は操られている)になっています。


でんでんさん、頑張ってください!
前向きなでんでんさんならきっと克服できると思いますよ。


メアド、やっと変えれたのでよろしくです。
トップのプロフィールに書いてます。
あとやっとケータイ買えたので(笑)
そっちのほうもメールで送りますね。
auのガンガンメールにしてるので
メールし放題です(笑)



Posted by nickey at 2010年05月28日 00:12
攻撃みたいな事をされたのかな? 自分はまだ未熟だと思っているならば未熟な点を認識し直していけばいいと思います。不出来な所を述べよ!!私に!!!
保護法案に至るまでの主な権人者!内閣総理大臣と他政治か!自衛隊連隊長!他自衛官科長!警察官警視庁官房長官クラス!あと漫画ででてくるサトラレかな!君は保護してもらうと言う立場はどのように認識?!そのほとんど国に役立つかはどぅかとしてお金が絡んでくるよ!保護されてる人の周りは皆、映画だけど映画で上に書いた人物の娘さんとかが誘拐されやすいのが解りやすい!あと自分がサトラレだと思ってる残念だけどある意味!なんか書いてたね!自分のしてる事心では良いことしてる時とは違く反してみるとすごく風当たり悪くって書いてたね!誰か君のこと特別に思っている人が居てアンタの事みてるんじゃね!でっもってそいつが誰かに言ってんじゃね、それで君みたいな人が出来てつつある。あなたみたいな人はサトラレ公開してからいっぱいできてこっちも手間増えてしまってるとこ大丈夫アメリカしかいないからさ先天性R脳梁変成症は(^O^) 気にすんなよと!なんちゃら委員会から(ーー;)(^0_0^)でもサトラレは好きだよ
Posted by 田口直輝 at 2010年11月18日 11:26
サトラレについて

はじめまして。
たまと申します。

私も最近集団ストーカーの被害に遭った一人でネットでいろいろ調べていたらここにたどり着きました。
ここのブログでは思考盗聴とともにサトラレの被害についてかいてありました。
サトラレは自分も被害に遭った現象の一つなので興味深く読ませていただきました。

だが実際の自分の体験やそういうブログなどの情報を読んでいてここで一つ疑問が生まれます。
思考盗聴されているとして、どうして自分の考えが漏れているとわかったのかということです。
相手側は思考が読めるとして自分自身は相手の考えが読めないわけだから
本来ならば漏れていることは気付くわけがないからです。
そういう体験談を読むとそれは脳内などに送られてくる音声からのほのめかしや
周りの発言がサトラレ状態であることをほのめかすような発言をするということのようだし自分の場合も同じでした。
さらに自分の場合は自分の思念レベルが強すぎて思考が他人に漏れてしまうため
まともに外にも出られない危険人物として監視するという名目に使われてすらいました。
でも本当にその現象はサトラレだったのでしょうか?
なぜならそれは思考盗聴技術と指向性の音声発生装置があれば簡単にそうだとトリックで演出出来る可能性があるからです。

一つ目は本当にサトラレ状態になっていて自分の思考が本当に漏れている状態になっている可能性です。
本当に何らかの方法(たとえば手術など)でサトラレ状態にされていることなどです。
自分の場合はそのような思考が漏洩する装置を取り付けたとか超能力を使ってそのようになったとかほのめかしで説明していたりしました。
二つ目はサトラレは全くの演出で加害者が思考盗聴装置と音声発生装置で被害者の思考を読み取りその情報を周りに流してほのめかしなどでそのようなサトラレ人間になっていると思わせている場合です。
いったい本当はどちらなのかそれを証明する手段がない以上憶測でしか答えることは出来ません。

しかし現段階では加害者がほのめかしによって私の説明したような超能力や手術?などは真に受けて信じる訳にはいかないし、長くなるので省きますがいくつかの理由から嘘だと思っています。
よって現実的に考えて思考盗聴する装置を使っているトリックでの演出と考えるのが可能性が高いと思っています。
Posted by tama at 2010年12月03日 20:16
サトラレは、間違いなく存在します。
Posted by サトラレ at 2015年09月09日 14:02
サトラレは統合失調症ですよ。
そもそも、統合失調症自体、病気ではなく、サトラレと同じく、超自然現象です。
だから、サトラレの人は、絶対に、ムリをしないようにしましょう。
社会に出ないほうが身のためなんです。
Posted by サバ缶 at 2016年01月01日 12:46
(続く)
そして、その統合失調症=超自然現象は、宇宙人がやっていることです。
Posted by サバ缶 at 2016年01月01日 13:12
サトラレが存在しないだの、自覚できるはずがないだの、ありえないです。
僕なんて、女の子のことを思って、マスターベーションしただけで、本人や周りに伝わっていて、その反応があるくらいです。
好印象・悪印象、どっちもです。
普通に生きていれば、反応くらい分かって当然でしょ。
バカじゃあるまいし。
Posted by サバ缶 at 2016年01月01日 13:15
サトラレは証明できないし、サトラレと言ってくるひともいない。ずっと孤独で悩みある時、サトラレときずいた。それでも信じられなくて人を試した事もある。
心で悪態を付き返事が返って来た事が何度かある。
今も真実を知りたいだけ。だからと言って私の生活は、
かわらないきがする。
Posted by 真央 at 2016年06月30日 18:11
サトラレは証明できないし、サトラレと言ってくるひともいない。ずっと孤独で悩みある時、サトラレときずいた。それでも信じられなくて人を試した事もある。
心で悪態を付き返事が返って来た事が何度かある。
今も真実を知りたいだけ。だからと言って私の生活は、
かわらないきがする。
Posted by まゆ at 2016年06月30日 18:15
サトラレは絶対にいます
僕は、1980年生まれでサトラレという存在を
隠されて育てられたサトラレです。
1980年にサトラレ保護法が改正されるまで
サトラレにはサトラレがいると伝えられて
育てられたみたいですね。
サトラレ保護法が改正された後は
サトラレにサトラレを伝えたら法で
裁かれるようですね。
実際はどうだか分かりませんが。
今、精神安定剤を大量に服用してるので
頭がボケてるので、文にも、そのように
表れているかも知れませんが
サトラレは絶対にいます!間違いありません!
何か聞きたい事があったら連絡ください
僕は長野県松本市に住んでいます。
Posted by 究極バカサトラレ at 2016年09月28日 20:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。