2007年06月05日

創価学会の嫌がらせ

今日、自転車の虫ゴムが抜かれていた。数ヶ月前も抜かれていたことがあって、パンクも数回。今住んでる団地は5,6年になるけど、1,2年前から急にパンクの回数が増えた。思い当たることと言えば、創価学会の人と縁を切っていること。無言電話も最近はほぼ毎日、同じ時間にかかってきてる。うちの近所は創価学会の人が多いのだが、私は関わりたくないのであまり喋らないようにしている。あれは「世の中を良くするすばらしい仏教」なんかじゃなくて、「権力を手に入れるための犯罪組織」ですね。入会を断って嫌がらせを受けた人は有名人を含めて相当いるみたいだけど、被害を受けたことのある人はわかると思います。何で多くの人が創価学会が問題があると知っていながら、ほったらかしにしているんでしょうかね?
posted by hope_solution at 13:21| Comment(5) | TrackBack(0) | 創価学会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
思念体、思念波、幽体離脱、能力者

創価学会は思念体という幽体離脱のようなものを利用している、思念体は幽霊みたいなもので見えない。

思念体は見えないが、皮膚に触れる。見えない管のようなものを頭の側頭部や襟足に繋いで、頭の中の思考を読む。頭の中で数人の声がする。ブチッと千切ると感触がある。突然切ると、こちらに切れはしが残る。後で回収にきた。

思念体の能力者は数が少ない。他の人間は能力者の周囲にあつまっている普通の人間だ。普通の人間の声も聞こえる。こちらの思考を復唱する役が能力者本体らしい。思念体と本体を繋ぐ線をひきちぎると、能力者が死ぬかも。

創価学会は思念体の能力者を使って人を困らせてしゃくぶくする。新入会員はうちひしがれている。思念体で探った秘密をほのめかしたりして困らす。或いは性的な話題を思念波で話しかけて、混乱させる。被害者は盗聴機を疑うが思念体です。

学会員には二種類ある。秘密を知っている者と知らない者。痛めつけられて入会した者は多分、一生秘密を知らされない。

薬物事犯
追跡妄想
集団ストーカー
自殺

退転者の烙印は、当の本人には知らせない。思念体で調べている。他の学会員には知らせておいて、皆の雰囲気で分からせる。

思念体に接続されると、頭が重い。額に圧力を感じることがある。目が霞むことも。もしかしたら、後頭部の襟足の部分から、目に接続しているような感触がある。普通に線の接続を切ると、詰まった鼻が急に通ったような感じがする。自分の手で掴むとひきちぎることができる(掴んだ感触は無いが切れた感触がある)。

また、思念体の能力者によって痛めつけられた経験があっても、姿が見えないので創価学会とは気付いていない。なので後で知らずに学会に入る。大抵、一ヶ月ぐらいおかしな現象があり、発狂するか、自殺する。先程の情報では「だから退転者はきっちり片付けておけと言っているだろう」とのこと。

ネットで流れている情報統合思念体は創価学会の罠だ。思念体に気付いた者を探すためだ。創価学会 思念体で検索すれば解る。幽体離脱を隠している。

思念体が見えるようになっても、眼鏡越しには見えないかも。


以上

Posted by あかそ at 2008年03月13日 01:09
そんなに困ってるんなら警察に連絡すればいいじゃないですか
Posted by 通行人 at 2008年11月17日 16:46
【創価】『創価学会員は正々堂々です』が口癖の素人童貞からアメンバー申請されました
《転載》
まねきねこダック(みんなを応援するよ) さん

知盛怛彌 さんからアメンバーの申請が届いています。

メッセージ(^-^)/
糞 ガキ! 皆の迷惑解らんか この くそ溜野郎!荒らしするな!お前のデタラメブログを破壊するぞ 地獄 閻魔地獄に行けアホ!

知盛怛彌 さんのルーム
ttp://m.profile.ameba.jp/pub/roomTop?targetAmebaId=tatsuya3329
《転載終り》
創価学会員は嫌がらせが大好きなのです
Posted by 香典泥棒池田犬作 at 2009年10月31日 12:57
上記の 香典泥棒池田犬作 さんのコメントは
私の承認なく、勝手にブログに出てしまいました。
何故でしょう???
Posted by nickey at 2009年10月31日 17:36
「ほったらかし」

この日本という国は、

世界一治安の良い「放置国家」なのです。
Posted by お先真っ暗 at 2010年05月06日 12:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。