2007年05月29日

苫米地英人先生に関して

昨日、私にこの人体実験を確信させてくれた本を翻訳してくれた苫米地英人先生のブログにコメントを出したら、掲載してくれていたのですごくうれしかったです。苫米地先生のことを知っている人たちの、沢山の目に触れるといいナァと思っています。人体実験の被害を受けている人は、先生の『CIA洗脳実験室』をぜひ読んでください。真相が垣間見えてくると思います。問題を解決するには、敵を良く知ることも役に立つと思うので。


posted by hope_solution at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。