2008年03月18日

お知らせ

モバQ我が家は今、大ピンチです。
「創価学会」の恐ろしさを思い知らされました。
今月来月ぐらいまでブログは控えます。

何とか乗り越えれるといいのですが・・・。モバQ
posted by hope_solution at 11:46| Comment(0) | ブログに関すること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月15日

「創価学会」の恐ろしさ

ダンナが「電磁波攻撃」を受けている。
夕べから「頭が痛い」とかで寝込んでしまっている。
それと歩く時足を引きずっているのでどうしたのか聞いたら
左足の甲が紫に変色しているのだ!がく〜(落胆した顔)
「重い荷物の下敷きにでもなったのか?」と聞いたら
「思い当たることが何もない」と言うのだ。
「気づいたらこんななってて、ズキズキ痛む」と。
原因不明の打撲のような内出血・・・。
・・・「電磁波」でやられてると思う。
やってるのは当然「創価学会」!

「事故処理」が進まない。
まだどれくらいの出費になるかわからないと言っている。
長女の高校進学で今月来月と大きな出費があるので
かなり困っている。
こんな状態でダンナが失業させられたら我が家は崩壊です。
この生活を続けることはできないと思う。

やはり「創価学会」というのは本当に恐ろしい集団なんだ
ということを思い知らされた。
この「電磁波技術」を手に入れてるというのは
無敵に近いのではないか?

「創価学会」とは絶対に関わらないことですね。

posted by hope_solution at 20:22| Comment(0) | 創価学会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月13日

創価学会の攻撃

時計今朝は3:55AMに起こされた。
卒業式だというのに最悪!
それと今日の卒業式の「咳払い」の激しいこと、激しいこと。
私が何か考える度にあちこちから「ゲホッ、ゲホッ」
ナンカ子供達が可哀想だった。
舞台の後壁には見事に「私たちが未来を創る」のデカ文字!
これ、わかります?
「未来部(創価の子供達)」と「創価」の「創」だと思いません?
も1つ、やはり担任が創価信者だったということがはっきりした。
(根拠は特定されかねないので控えさせていただく)



ブログに書いてないけど『寸鉄』では
相変わらず恐ろしい攻撃命令が連日書かれている。
※「創価学会」のHPで1面だけ拡大して読むことができるので
気になる方は確認してください。(『寸鉄』は左下)

今日、ダンナが車で追突事故を起こした。
居眠りではないらしい。
原因がよくわからないと言っている。
これ、絶対「創価学会の電磁波操作」でやられたって
思うでしょ。
両者ともケガはたいしたことないらしいが
ダンナの方が分が悪いらしく、とんだ出費がかさみそうだ。
相手は若い男らしいが「青年部」の気がしてしょうがない。
電話で少し話したのだが、えらく「いい人」っぽいのだ。
恐らく、広布の闘いをしないダンナから「青年部」に
「お小遣い」を出させる魂胆だと私は推測している。

「創価学会」というのはホントに恐ろしい集団だ。
ダンナは相変わらず「電磁波技術」を否定している。
「創価学会」を支持しているダンナといる限り、
気の休まる生活はできないだろう。

隣人Yも相変わらず「飴とムチ」の折伏攻撃を受けているようだ。
(詳細はまた別の機会に・・・・)

「創価学会」を潰すのは私1人では無理だ。

posted by hope_solution at 20:17| Comment(0) | 創価学会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月12日

創価担任の嫌がらせ

時計もー、ムカつくっ!ちっ(怒った顔)
今朝も4:55AMに起こされた。
相変わらず隣りのYの部屋から「ガタガタ、ゴトゴト」
ベランダからオヤジYの咳払いも聞こえた。
最近Yの起きる時間が若干早くなってるように感じるなと
思ってたら、どうやらドスケベトイレのぞきバカ大学生の
ドラ息子が早朝出かけているようだ。
昼前に普段着で帰ってくるところを何回か見かけたので
おそらく早朝アルバイトだろう。
土日も6AM前から出かけて昼帰ってきてるので
コンビニの店員でも始めたのか?
何はどうあれ4時台に起こされるというのはホントに迷惑な話だ!ちっ(怒った顔)

それと、も1つ頭に来てることが!
明日、長女の卒業式だというのに手紙が来ないのだ!
本人も何時に登校したらいいかもわからないと言うのだ。
そんなことってある?
普通、式の後とかに謝恩会とかなかったっけ?
そーいう手紙も一切もらってないというのだ!
明日だよ!明日!
せっかく先週美容院にも行って来て、準備万端整えてるのに!ちっ(怒った顔)

それから高校入試!
ナンカ、創価担任から見事にはめられたって感じ・・。
去年の暮れの懇談で言ってたことと先月の最終懇談で言ってた
ことが違うの!
ナンカ、人気のない高校に行くように誘導された気がする・・。
はっきり言って恥ずかしながら最低レベルの高校で
今のところ定員割れだそうなので落ちる心配はまるでないのだが
ついこないだまでは同じ高校を希望してる子が5、6人はいると
本人が言ってたのだが、直前になってウチの中学からは
長女が1人しか受けないと言うのだ!がく〜(落胆した顔)
そんなことってある?
見事にやられたって感じ。
「創価学会」というのは関わるとホントに恐ろしい組織だね。
まあ、せめてもの救いは本人があまり気にしてないというのと
創価担任が言うにはウチの子の成績だったら
首席で合格するんちゃうかというレベルの高校だそうだ。
(ウソツキ!去年は全然違うこと言ってたくせに!ちっ(怒った顔)


でも今さらこの段階で何を言っても遅いので
心機一転、高校でまた軌道修正するしかないですね。
あー、まさか部活(バレーボール)の顧問が創価信者だなんて
思いもしなかった。
高校では悪魔の創価信者と遭遇しないことを祈るばかりだ。



posted by hope_solution at 08:05| Comment(0) | 創価学会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月11日

水道水に「バカ薬」?(アメリカ)

雷AP通信は9日、全米24の大都市圏で
少なくとも4100万人が利用する飲用水道水から
抗生物質や精神安定剤など
医薬品の成分が検出されていることがわかったと報じた。
検出量は微量で、製薬業界は「健康への影響はほとんどない」
と指摘。だが、日々長期間にわたって口にするものだけに
環境保護局の当局者は「懸念が高まっていることは認識しており
深刻にとらえている」と述べた。


昨日ラジオを聴いていたらこんなニュースが流れていたので
やっと投稿する気になった。
マインドコントロール関連の本に「フッ素」のことが書かれて
あったので、ずっと気になってたWORDではあったのだが
ネットで調べたら賛否があるということなので
保留にしていたのだが、昨日のニュースを聞いて
やっぱり問題提起すべきなのかな、という気になったので
投稿することにした。

(以下本の引用)
頭の弱い人間を大量生産するために
公共の水道水に「バカ薬」を添加するほど
すばらしい方法はないだろう。
水は不可欠である。
人々には「歯に良いんです」と信じ込ませ、
国民の血税を充当し、全国で実施する。
アメリカでは1945年に水道水のフッ化物添加が始まり
60年近くが過ぎた。
「フッ素は虫歯を防ぎ、丈夫な歯を作る」という提唱の下、
当時の連邦安全局が「国家事業」としてのフッ素キャンペーンを
開始した。

多くの人にとっては小説より奇なりであるが
水道に添加されるフッ化物は虫歯の予防どころか
逆に虫歯を増加させる。
フッ素が歯の表面に付着するとエナメル質が硬くなり
長期にさらされると欠けたりヒビが入りやすくなるというのが
原因と説明される。

また94年、マレニックス、デンベンシュテン、シュ二アー、
キーナンの4博士は
「フッ素は脳や中央神経に影響を与える」ことを研究したが
それによるとフッ化物は特に脳の海馬に影響を及ぼす。
フッ素が脳に蓄積すると海馬の成長阻害が生じる。
海馬は環境からの情報インプット、記憶、行動の動機になる刺激を
統合し、行動決定や記憶の制御を行うところであるため
海馬がダメージを受けると物事を判断する能力が落ち、
環境に正しく対応した行動を起こすことが難しくなる。

ラット使用の実験によると
フッ素摂取ラットには一般的行動異常が見られたが
これは人間の運動機能低下、低IQ、学習能力低下などを
説明するものであり、脳内のフッ素レベルと行動変化は
直接関係すると結論付けた。

「50年代、ソ連は国内各地の強制収容所の運営のため
収容所の飲み水にフッ素混入を開始した。
フッ素を飲ませると囚人達がおとなしく従順になるからである。
40年代からグラーツ収容所などで使用されるフッ素は
アメリカからアラスカ経由で輸出されていた」

「第二次世界大戦直後、ドイツを占領した進駐軍は
ドイツの産業解体とナチ科学者の抱え込みを計っていた。
I.G.ファーベン社の化学工場接収のため
アメリカ本国からチャールズ・エリオット・パーキンス
という科学者が送られた。
ファーベン社はアウシュビッツ収容所にゴム工場を持ち
囚人を労働力として使用したカルテルであった。
パーキンスはナチ高官科学者の聴取を行い、
1954年10月、その内容をリー財団栄養研究所に書簡で提出、
『ナチ上層部は言うなればマインドコントロールに等しい、
多くの人間を対象にした包括的大衆コントロールプランを
持っていた』と伝えた。
キーは水道水薬品混入でナチは40年頃から研究を行っていたが
主な薬品はフッ化ナトリウムであった。
手紙の文面に『水道水にフッ素を混ぜることにより
人々をおとなしくさせ、権力者への抵抗を減らす。
(中略)結果的に脳機能を低下させ、無気力無抵抗にし、
操作しやすくする。
フッ素処理水を1年間飲んだ人間は
精神的にも物理的にももはや同じ人間ではなくなる』と書かれていた」

フッ素は虫歯予防にはならないというのは驚く事実であるが
半世紀以上も飲み水にドブドブと投入していながら
歯科医が繁盛しているのはこのためである。
知能を下げ、状況判断能力を落とすため、
ナチやソ連が収容所の水に混入し、
囚人達をレジスタンス(抵抗運動)どころか
お上の言うことに疑問さえ抱かない服従者にさせようとした。
健康でしっかりした意思決定能力がある人間よりも
頭が少々お弱くてとろい人間の方が扱いやすい。
不正に対して堂々と真っ向から非を唱える者ほど
厄介なものはないのであるから。
(引用終わり)


この事実を知ってから身の回りの物を調べてみたら
ウチもずいぶん摂取させられてんだなあと驚くばかりだ。がく〜(落胆した顔)
まず歯磨き粉。店で買う時原材料を見てみたら
「フッ素」が使われてない歯磨き粉がほとんど見当たらなかった。
それからフッ素樹脂加工のフライパン。
フッ素樹脂フライパン用のフライ返し。
子供達も2人とも幼稚園で虫歯予防にと歯に直接「フッ素塗布」を
施された。

私も20歳ぐらいからだったか?論理立てて物事を考えるのが
苦手になってて今も込み入ったことを筋道が通るように考えるのが
苦痛になっている。
ここまで書き込むのに約3時間かかった。
途中雑念が浮かんだり、漢字変換がうまくいかなかったりの
妨害を受けた。
私を監視している奴らはこの記事を投稿させたくなかったようだ。

皆はこの事実をどう思っているのだろう?
日本の水道水は大丈夫なのかなあ?
やっぱり「世界人間牧場」、「国民総愚民化計画」を
目論んでるってホントに思えてきた・・・。がく〜(落胆した顔)
いつの世にも悪いことを考える奴って出てくるもんだネ〜。
この計画を阻止することは可能なのか?
このまま放っといていいのか?
アヤツラは次に何をやらかす気でいるのか?
考えるとゾッとする。
そー言えば今年は「アメリカ大統領選」、「北京オリンピック」と
ビッグイベントが目白押しだなあ・・・。
何もなきゃいいけどね・・。

posted by hope_solution at 10:54| Comment(0) | 電磁波関連豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月10日

創価信者の器物損壊

かわいいん〜、今日は何書こ?(ネタがあり過ぎて迷うっあせあせ(飛び散る汗)
朝は起こされた気もするのだが、何故か良く覚えていない。
その後また爆睡したようだ。久し振りに寝汗をかいていた。
暖かくなりましたね〜。かわいい

ダンナの原チャリのシートがまたカッターナイフのようなもので
切られていた。
ダンナに「あれ、青年部がやったんやで!
『聖教新聞』にも攻撃命令が出てる。オマエが広布の闘いを
やらないからだよ。つまりオマエが私に嫌がらせをしないと
オマエが『創価』からやられるってことだ」と言ったら
否定しなかった。

そろそろ秋の衆院選に向けて
「創価学会」の「フレンド票獲得作戦」が始まります。
自分の周りで誰が「創価信者」なのか知る、良いチャンスなので
しっかり彼らの行動をチェックしましょう。
posted by hope_solution at 09:43| Comment(0) | 創価学会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月08日

創価青年部のコメント攻撃

演劇訂正があります。

2/24のブログ「りささんへ」http://blogs.dion.ne.jp/hope_solution/archives/6852949.html
ですが、この投稿は「創価学会の実態」(1/21)と
「創価青年部の攻撃(犯罪)」(2/22)に書き込まれた
コメントを受けて書いたのですが、
コメントのアドレスを調べたらどうやら書き込んだのは
「りさ」さんではありませんでした。ふらふら

「りさ」という人は実在していて「創価学会」から嫌がらせを
されていると自分のブログで訴えているようですが
私のブログには1度もコメントは書いてないと思います。
(今まで気づかなかったなんてマヌケだったね。
勉強になったよ、青年部クン)

気づいている人も多いと思いますが
今、2/22に投稿した「創価学会青年部の攻撃(犯罪)」
http://blogs.dion.ne.jp/hope_solution/archives/6846549.html
のコメント欄で投稿直後から執拗な嫌がらせコメントを
入れられてます。50回は軽く越えてると思う。
しかもそのほとんどがよそのブログからの「貼り付け」。
(ほとんど「削除」しました)

ソイツ(青年部)が「りさ」さんになりすましてコメントを
入れていたのです!↓


(ニセコメント)
--------------------------------------------------
ここは創価学会のやっているサイト。
私を騙せると思うな!!!!!
人体実験なんて私がはじめて使ったの。
私がどれだけの被害に会っているか?????????????????
何してんの????
コメント欄なんて嫌がらせだらけだから見に来なさい。
これから毎日見に来てあげるからしっかり書きなさい。
Posted by りさ at 2008年02月15日 20:49
(1/21「創価学会の実態」へのコメント)
http://blogs.dion.ne.jp/hope_solution/archives/6721947.html


貴方の文章は創価学会の下品な文章そのものです。
貴方は、創価学会員で、このページは創価学会の
犯罪者BLOGです。
創価学会は、他の人をだませても、被害者の私をだますことは
できません。貴方はいつか逮捕されて
その後は一生監獄です。
Posted by kjh at 2008年02月22日 20:41
(2/22「創価青年部の攻撃(犯罪)」へのコメント)
http://blogs.dion.ne.jp/hope_solution/archives/6846549.html
----------------------------------------------------

私と同じくこの「青年部の嫌がらせコメント」にだまされてた人、
気づくのが遅れてすみませんでした。

ちなみにコイツは「じゃshくぃ」という偽名で今日も
書き込んでます。(上のコメントと同じIPアドレスです)
でもバカだよね。「創価青年部」だってのがバレバレだっちゅうの!

私がこのブログを始めた去年の5月から
コメントを全部調べてみたら、
この男が私のブログに初めてコメントを書き込んだのは
今年の2/17で1/30に投稿した「寸鉄と大阪事件」でした。
(これも「創価」の悪口です)
(コイツと同じIPアドレスは全部「創価の悪口」のブログにしか
コメントを入れてません)

ちなみに「昨日観た映画に集中できたのは何故?」(2/15)と
「隣人Yは2月闘争のターゲット?」(2/16)に
コメントしてた「ジョニデファン」とやらも
「創価信者」と私は思っている。
あそこまでむきになるのはおかしいよね。


私のことを心配してくれて彼らのコメントを無視するように
忠告してくれた人もいるのですが、
私は奴らが「創価信者」だと確信を持っているので
奴らの実態を暴くためにももう少し相手をしようと思ってます。
良識のある読者の皆さん、しばらくお見苦しいやり取りが
続くと思いますが御了承下さい。


聖教新聞『寸鉄』より
 ・悪を駆除するため、あらゆる努力をせよ!
  仏の敵を1人も余すな (08.2.11)

 ・突撃だ!虚偽を攻撃するのだ
  偉大な学会にデマ連中は砕かれ絶滅 (08.2.19)

 ・青年部よ、邪悪への攻撃精神を! (08.2.22)

 ・仏敵には激怒せよ 言論の利剣で叩き斬れ!(08.2.24)

 ・青年よ、正義の師子吼で敵を斬れ (08.3.7)
posted by hope_solution at 18:50| Comment(17) | 創価学会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月07日

春ですね〜

時計今朝は5時台に起こされた。
被害状況はあまり変わっていない。
疲れるね〜バッド(下向き矢印)

かわいい昨日は日取りも天気も良かったのでひな人形を閉まった。
先月買った桃の花はほとんど散ってしまったんだけど
桜草はまだまだ可憐なつぼみをたくさんつけている。
これ、実は¥68だったんだけど、かなりお買得だったと思う。
今も観るたびに気持ちが和やかになる。かわいい

カチンコ昨日「木曜洋画劇場」の『フェイス/オフ」を観たのだが
昨日のは集中できてとても楽しい2時間だった。
1997年のアメリカ作品で、ストーリーは
FBIが潜入捜査をするのに犯罪組織の一人と顔と声を
入れ替えるんだけど、展開がわかりやすくスピード感があって
ストレス満タンの私にはとっても心地の良い映画でしたわーい(嬉しい顔)
最後もハッピーエンドだったしるんるん
でも日曜日の『沈黙の戦艦』は見逃してしまったもうやだ〜(悲しい顔)
テレビの前を通る私を怒鳴り散らすぐらい集中して観てたダンナが
うらやましかった。私も見たかったのに・・・。
あの時は確かパソコンやっててうっかり忘れてて、
気づいたら途中だったので見る気をなくしたのだ残念!
posted by hope_solution at 14:05| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月04日

「脳波」の読み取りに関する引用―D

かわいい昨日は「ひな祭り」でしたね〜。
花瓶に挿している桃の花も何故か昨日ほとんど花びらが
散ってしまいました。電磁波のせいではないと思っていますが。
昨日はささやかながら散らし寿司とひな祭りケーキを
買ってきたのだが、またもやケンカになりダンナと長女には
ケーキを食べさせなかった。ちっ(怒った顔)
せっかく少ない予算をやりくりして(ポイントでGETした商品券を
使って)準備したのに、ダンナは散らし寿司のトッピングの
カニにかけたリンゴ酢のドレッシングが気に食わないと
文句をたれるわ、長女はウナギが大嫌いなのと
いつもの散らし寿司の味じゃないなんて訳のわかんないことを言って
途中ではしを置いてしまうわ・・(いつもの市販の味付けだよ!)
頭にきたので「2人ともケーキはなし!」爆弾
ということで、2人のケーキは今日、私と次女が食べることに
なってるのだるんるん
ホントは楽しい「ひな祭り」にしたかったのに・・もうやだ〜(悲しい顔)
たぶんダンナと長女は「味覚操作」されたと思う。
こないだのお好み焼きも書き忘れたんだけど
私だけやたらしょっぱく感じたし。ちっ(怒った顔)

さて、昨日の続きですが、今日はラストです。

   かわいい     かわいい     かわいい     かわいい

新しい技術が生まれると、一般の人々の理解は
常に遅れて後を追うかたちになる。
規正法や安全基準となると更に遅れる。
マインドコントロール・テクノロジーの国際的な禁止や規制を
求める切実な叫びが上がって久しいが
今この時点でも被害者は見えないビームの下で苦吟し続け、
また世界規模の「愚民化プロジェクト」開始で
大型タワー類がいつサイコトロニクス波を放出し始める
かもわからない。
一刻でも早い法規や基準の制定が急務であり
そのために情報の民間普及は火急と言わねばならない。
更にこの動きは国際的でなければ無意味である。
小型マインドマシンは各国に流通し
大型装置のセルは地球半分サイズであり
マインドコントロールはグローバルな問題である。

情報の一般化という止むに止まれぬ目的のため
門外漢の浅薄のそしりを受けることを覚悟で文を書いた
次第であるが、知識というのは個々の人が
マインドコントロール攻撃の前に陥落しないための
最大の防御になる。
筆者は強度のマインドコントロール攻撃の渦中に置かれた
経験がある。
頭の中に人生で一度も使ったことのない単語(下品な猥褻語)が
浮かび、やり場のない怒りや背後に幽霊がつきまとっているという
妄想に襲われた。
そういう時には歌を歌い、体を動かしたりして気分を紛らわせ、
頭の中のボイスや感情を意識して消した。
結論からいうと「意思の力で転送ボイスやビジョンなどは
打ち消すことができる」である。
攻撃者の透けた下心もテクノロジーの仔細も知っていたから
余裕を持って対処することができたのだが
もし知識がなければ多くの被害者がそうであったように
恐怖とショックにぶちのめされていただろう。
知識があるというのはマインドコントロールに打ち勝つ力を生む。

クリスチャンであるので賛美歌を歌ったが
信仰を持つ者の心には大変効果を発揮した。
歌の美しい波動はマインドコントロール波の
強姦するような襲撃から精神を守る盾になる。
仏教徒であれば読経、回教徒であればコーラン詠唱が
すばらしい盾になるだろう。
絶体絶命の人間に救いの手を差し伸べてくれる宗教は
やはり神の愛の姿であると思う。
しかしながら歌を歌ったりお経を唱えてばかりではいけない。
これはあくまで個人の一時的な解消でしかない。
悪を公の場で糾弾し、不正は正すという毅然とした態度で臨まねば
この凶悪な犯罪は地上をのさばり、人類の最後のひとりを
犠牲にするまで終焉しないだろう。


以上、かいつまんで引用させていただきました。
著者の方に心から感謝しています。
著者の方の安全と御多幸を心からお祈り申し上げます。
そしてこのブログで初めてこのような事実を知ったという方達の
少しでもお役に立てれば幸いです。



posted by hope_solution at 10:26| Comment(11) | 電磁波関連豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月03日

「脳波」の読み取りに関する引用―C

かわいい今日は「ひな祭り」(桃の節句)ですね。
昨日、次女が「ひな祭りパーティー」に呼ばれてたのを
ドタキャンされた。
確認できてないがたぶん相手は「創価未来部」の子だと思う。
今度から親の顔とかよく見ておこうと思う。
以前にも別の「創価婦人部長」の子供から直前になって
断られるという「嫌がらせ」をさんざん受けた経験があるので。

それでは昨日の続きを始めます。


  かわいい     かわいい     かわいい     かわいい

個人や特定場所をターゲットにするには
人工衛星から狙い撃ちという手段もある。
まず地上から人工衛星にスカラー波を送る。
そして人工衛星からターゲット近くの高圧送電線や
テレビ電波タワーなどの大型のタワーにリレーする。
大型鉄塔がなければ普通の電信柱やテレビアンテナや
サテライトディッシュなどでもよい。
そして最後にターゲット近くの物体を最終リレーアンテナにし、
ターゲットに照射するというパターンを取ることが多い。

脳とコンピュータを途切れなくつないでおくために
24時間脳へ照射を受けたという被害例もある。
第1次湾岸戦争の時から威力を発揮する
「リモートビュー」や「ミリメーター波装置」、
マイクロウェーブをレーザーにした「メーザー」の利用もある。
「リモートビュー」とは、地下やコンクリート建物内部の
人間や物の位置を確認する装置であり
ターゲットの追跡と発見に欠くことができない。

既に実用段階にあるマインドコントロール兵器のテスト被験者や
攻撃被害者数はアメリカでは数千人以上に上る。
内訳を見ると人種・性別・年齢など無関係に
あらゆるタイプの人々が網羅されているが
中には子供やペットなども含まれる。
実験モルモットや政治的経済的利害が絡んで攻撃される人と共に
マインド装置を手にするチャンスに恵まれた者の気分や
個人的な好き嫌いでサディスティックに虐待されている
ようなケースも存在する。
被害者数千人と記したが、ことによればその数倍に上る
のではないかと危惧される。
既に死亡したり自殺した者や精神病院に収容されている者もいる。
また知識のないことから気づいていない被害者、
察知していても訴え出る場所を知らない市民や
刑務所の囚人のように社会から隔離され
使い捨てになる人々も存在する。
恥や無気力(マシンで起こされている)から沈黙している者も
いるに違いない。

サイココレクション・テクノロジーは
公筋と正統派物理学から否定されている現在、
訴え出ても概ね徒労に終わる。
西側では普通の病名をつけられたり
精神病と診断されるのが常である。



posted by hope_solution at 10:03| Comment(2) | 電磁波関連豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。